たくろふのつぶやき

秋はやきいも ほくほくしてうまし。

Sports

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)

onoda



第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)。


青山学院大学が4連覇。往路優勝こそ東洋大学に譲ったものの、復路に猛烈な巻き返しを見せ、5分以上の差をつけて総合優勝を果たした。


東洋大学の作戦が間違っていたわけではないと思う。むしろ、王者・青山学院をあそこまで追いつめるのは、今回のチーム戦術を見る限り、東洋大学しかあり得なかっただろう。

往路を制した東洋大学は、明らかに往路の序盤に主力を揃えてきた。これはトラック競技と駅伝が大きく違う点のひとつで、「どの位置で走るか」という勝負の流れが選手のパフォーマンスを左右する。単にベストタイムが速い選手を並べれば勝てるというわけではない。東洋大学はそのことをよく分かっていた。東洋大学は近年の箱根駅伝で1区を重視しているが、それは箱根の戦い方を熟知した酒井監督ならではの「定石」だろう。

実際、東洋大学は、1区(西山和弥)、2区(相沢晃)、3区(山本修二)、4区(吉川洋次)の4人で青山学院を振り切り、流れを引き寄せることに成功した。その流れが最も象徴的だったのが3区だろう。実力、実績ともに青山学院の田村和希のほうが上だったが、直接対決で区間賞を制したのは東洋大の山本修二だった。酒井監督が重視した「勝負の流れ」が、田村の快走を封じた形になった。

往路の結果を見てみると、東洋大の積極策によって全体が高速レースになっている。前回大会(93回大会)に往路優勝した青山学院大学のタイムは5時間33分45秒。これは今回大会では往路7位に相当する。今回6位までの大学(東洋、青山学院、早稲田、拓殖、法制、城西)は去年の青山学院よりも速い。7位(日体大)でも2秒差、8位(順天堂)でも9秒差だ。

つまり今回の往路は、「青山学院が遅れた」のではなく、「東洋が速かった」というべきだろう。前回大会の1区で服部弾馬が想定通りのリードをとれず、高速レースに持ち込む作戦が失敗した反省を、腕力で克服した形だ。
しかし、その積極策が復路では裏目に出ることになる。

往路に主力を注ぎ込んだ東洋大は、復路に大砲を確保できなかった。一方、追う立場の青山学院は6区、7区、8区で連続区間賞を穫り、あっさり往路の劣勢を跳ね返した。7区の林奎介は区間新記録のおまけつきだ。
単純に、選手層の差だろう。往路が終わった段階で青山学院の原監督は「30秒程度の遅れは想定内。必ず逆転できる」と語ったが、強がりでもはったりでもなく、本当だったと思う。復路にも往路と同格の主力選手を配置できるところが、青山学院の選手層の厚さだろう。

7区で区間新を叩き出した林奎介は3年生だが、前回の箱根はおろか、いままで学生3大駅伝を1度も走っていない。そういう選手が突如現れるということは、青山学院にはそのレベルの選手がゴロゴロいるということだ。主力と控えの差が少なく、「その時に調子のいい選手」で自在にオーダーが組める。2年生エースの關颯人が故障離脱し、その穴を埋められないまま流れを失った東海大と対照的だ。

今回の東洋大の復路タイムは5時間34分03秒。これは低速レースに終わった前回大会の青山学院の復路タイム(5時間30分29秒)と比べても4分近く遅い。
つまり青山学院は「復路が強い」のだ。復路6、7、8区にエース、準エース級を置くことができる。テレビの解説でも言っていたが、青山学院エースの下田裕太は、他大学であれば8区に置けるような選手ではない。復路序盤で勝負を決め、9区、10区には安定感に優れ独走可能な上級生を配置して逃げ切る。

東洋大は、序盤で流れを掴むことには成功した。しかし青山学院の本当の勝ちパターン「復路でぶっちぎる」を防ぐことまではできなかった。東洋大の復路の選手が想定外に遅かったわけではない。各選手、区間3位~5位前後で無難にまとめ、仕事はきちんと果たしている。10区の小笹椋は区間賞を穫っている。
しかしそれ以上に、青山学院の復路が速すぎた。6区で逆転、7区で引き離し、8区で駄目押し。事実上、その3区間で復路の決着はついた。 

箱根駅伝が他のレースと異なる点はふたつある。ひとつは「区間距離が極端に長いこと」、もうひとつは「5区(山登り)と6区(山下り)の特殊区間があること」だ。もちろん東洋大の酒井監督もそのことを熟知しており、山を攻略する化物走者を確保することで好成績を収めてきた実績がある。

しかし今回の箱根駅伝を見る限り、選手の調子を見極め、適切な区間配置をするという点で最も優れていたのは青山学院の原監督だったと思う。下りのスペシャリスト、6区の小野田勇次は別格として、上り下りだけでなく、「追いながら走る選手」と「逃げながら走る選手」の区間配置が絶妙だった。

たとえば今回、青山学院のダブルエースと称される田村和希は3区、下田裕太は8区を走っている。その逆ではない。田村は追う展開に長けており、長い差を縮める走り方に優れている。逆に下田は自分のペースで独走することが可能で、逃げる展開に強い。
前回大会の7区で、独走で逃げる展開になった田村は脱水症状寸前となり、区間11位に終わった。下田は11月の全日本大学駅伝(伊勢駅伝)で追う展開に巻き込まれ、他ランナーにペースを乱され、区間4位に終わっている。

原監督は、単純に持ちタイムが速い順に選手を10人並べるのではなく、「その区間のときにどういうレース展開になっているのか」を想定した上で、その流れに適正のある選手を並べていたように見える。おそらく、東洋大が往路序盤に勝負をかけてくることも充分に予想していただろう。田村和希を3区に配置していたことがそれを物語っている。

一方の東洋大は、強引に流れを維持しようという力技で復路の作戦をたてていたように見える。一番の誤算は、青山学院の7区(林奎介)に区間新の走りで逃げられたことだろう。林は青山学院の10000m走のベストタイムではチーム9位。決してエース格の選手ではない。しかし今回のレース展開と当日の調子ががっちりかみ合い、区間新記録の快挙に繋がった。その適正と調子を見抜いた原監督の勝ちだ。青山学院からは林のような選手が出てくるが、東洋大からはそういう選手は出てこない。

青山学院と東洋大の差をもうひとつ挙げるなら、チームの雰囲気だろう。東洋大のチームスローガンは「その一秒をけずりだせ」。有力校でありながら2位に甘んじることが多く、数分差、数秒差で勝利を逃すことが続いた。そのために1秒を削る覚悟でチーム全体の雰囲気ができあがっている。

しかし今回の箱根を見たところ、そのスローガンが悲壮感につながり、選手ののびのびした躍動感を封じているように見える。短所の改善ばかりを気にして、長所を伸ばす雰囲気ではない。優勝を逃すようになってから、東洋大の酒井監督が笑顔で話しているのを見たことがない。素っ頓狂なキャッチフレーズで選手からも冷やかされ、陽気な物言いで柔らかい雰囲気をつくっている青山学院の原監督とは対照的だ。

その違いが、「選手の適正を見抜く」「その時の調子を測る」という能力の違いに反映されているように見える。歯を食いしばって耐え抜く姿勢と、笑いながら上を向く姿勢は、土壇場の力の出し方に如実に反映されているのではあるまいか。 東洋大学の選手は「こうしなければならない」、青山学院の選手は「こうやってみよう」という気持ちで走っている気がする。


他に優勝候補と目された大学を見てみると、神奈川大学は仕方ないだろう。5区で区間最下位の20位と大失速。これは区間賞の法政大・青木涼真から10分も遅い。6区の山下りでも区間9位に沈み、特殊区間の備えの薄さが惨敗につながった。

期待はずれ扱いする記事が多いが、実は今年の大学日本王者は神奈川大なのだ。神奈川大学は11月の全日本大学駅伝(伊勢駅伝)を制している。箱根駅伝は関東陸連が管轄している「関東大会」に過ぎない。神奈川大は、関東大会では惨敗したが、全国大会では優勝している。

問題は「そのどっちに勝ったほうが嬉しいのか」だろう。事実上、全国大会である伊勢駅伝は、関東大会に過ぎない箱根駅伝の前哨戦扱いされることが多い。世間の見方では「箱根こそが日本一決定戦」とされていることが多い。それは大学の駅伝戦略が箱根を中心としていることからも分かる。大学にとっても広告効果が大きいのは箱根のほうだろう。
神奈川大は全日本駅伝は制したが、箱根に対する備えが希薄だった。いくら全日本を制しても、総距離にして箱根駅伝の半分にも満たない伊勢駅伝と、ひとり20km前後を走る箱根では、勝つために必要な能力がまったく違うということだろう。

もうひとつの優勝候補として騒がれていた東海大も、底力の浅さを露呈した。あれだけのタレントを揃えて勝てないのであれば、明らかに監督の能力不足だ。東海大は1区を予定していた2年生エースの關颯人を故障で欠き、直前でレースプランが大きく狂った。
しかし、出走予定の選手を万全の調子でレースに送り出せない時点で、監督として不合格だ。東海大はここ数年、有望な高校生をかき集め、人材に不足はないはずだ。トラック競技や出雲駅伝ではちゃんと結果が出ている。それが箱根駅伝となるとまったく勝てないのは、明らかに監督が「箱根の勝ち方」を理解していないからだろう。

他の大学に目を転じてみると、早稲田大、拓殖大、中央学院大が目を引く。
早稲田大は堂々の3位。4位の日体大を19秒差で下し、土壇場での勝負強さがあることも示した。今回の早稲田大は絶対的エースがいない代わりに、区間3位の選手がやたらに多い。全体的に安定感のある選手が多く、極端に失速する区間がない。これは今までの早稲田の戦い方ではない。明らかに相楽監督が、それまでの早稲田とは違うチーム作りを続けており、その結果が出ているということだろう。
早稲田は出雲駅伝が9位、伊勢駅伝は7位でシード権を失っている。神奈川大とは逆に、それらの駅伝を捨て、箱根に特化した準備を進めてきたことが分かる。

拓殖大は予選会8位のギリギリで本戦出場を決め、本大会でも8位でシード権を確保した。2区を走った留学生のデレセも含め、区間5位~7位で無難にまとめる選手が多い。早稲田大学と同様、出雲と伊勢を捨てて箱根一本に絞って準備してきた。出雲と伊勢は出場さえしていない。 20km前後という長丁場の距離に選手ひとりひとりが高度に対応してきた。

そういう躍進校の準備の仕方を見ると、出雲・伊勢の各駅伝と、箱根駅伝との違いが際立つ。そんな中、中央学院大の存在が異様に見える。今回の箱根駅伝は10位。14秒差で順天堂をかわし最後のシード権を確保した。この14秒差はこの先1年の過ごし方の大きな差になるだろう。
中央学院大はこれといった大駒がいるわけでもなく、区間10位内に入っている選手すら少ない。それでも総合で10位をきっちり確保している。さらに不思議なことに、出雲駅伝は8位、伊勢駅伝は6位でやはり最後のシード権を確保している。特に箱根に特化しているわけでもなく、特に絶対的エースがいるわけでもなく、それでも全体的な総合力できっちり成果を出している。これは明らかに川崎勇二監督の手腕によるところが大きいだろう。東海大とはまったく逆だ。


テレビの報道や解説でも言っていたが、今回の箱根の特徴は、大学間の格差がかなり縮み、復路の終盤になっても僅差の勝負が増えてきたことだ。無敵を誇った青山学院の牙城もとうとう往路優勝を譲る形で崩れた。中堅大学が躍進する一方、順天堂、駒沢、山梨学院といった一時代を築いた名門校がシード権確保が難しい時代になっている。「これまでのやり方」に固執する大学は、ますます取り残されていくだろう。理想が先走って現実を置き去りに暴走するのではなく、時代に応じて、選手に応じて、現実に対処する能力のある大学が勝っていく時代になると思う。



冬休みの朝寝坊が2日間だけ治りますな。

フリースタイルスキー選手のトレーニング




アンドリ・ラゲットリ(スイス)

栄冠は君に輝く





開幕。
続きを読む

CG無し。




凄ぇ。

第四アウト

野球の盲点ルールに、「第四アウト」というのがある。




かなりややこしいのでまずは映像で。 



このルールは、水島新司の野球漫画『ドカベン』単行本35巻で紹介されている。
夏の甲子園・神奈川県予選大会三回戦。山田太郎擁する明訓高校と、不知火守率いる白新高校の試合。
試合は0-0のまま延長10回表、明訓高校の攻撃。一死満塁で打者は微笑三太郎。


4thout

延長10回ワンアウトでこれはかなり危機的状況。 



投手の不知火が投球モーションに入るや、三塁走者の岩鬼がスクイズのタイミングでホームに突進した。 ここで打者の微笑はスクイズを狙ってバントをする。
ところがバントの打球は小フライとなり、投手の不知火にノーバウンドでキャッチされてしまう。三塁走者の岩鬼は帰塁せず、そのままホームに到達した。
そのとき一塁走者の山田は大きく離塁していたため、不知火は余裕でボールを一塁に転送し、山田をアウトにする。ダブルプレイで3アウトをとった白新高校の守備陣は、全員がベンチに引き上げた。

ところがスコアボードでは、岩鬼の本塁到達が認められ、明訓高校に1点が入る。この1点を守り切り、試合は明訓高校が勝利した。
普通であれば、ダブルプレーが成立してチェンジになれば、その間の本塁帰塁は認められない。なぜ、岩鬼の得点が認められたのか。


このプレイを時系列で並べると、次のようになる。

(a)微笑のバントによる小フライを、不知火が捕球。打者の微笑がアウト
  ↓
(b)三塁走者の岩鬼が、本塁に到達(タッチアップなし)
  ↓
(c)不知火がボールを一塁に転送、一塁走者の山田がアウト


ここで、盲点ルールの成立するポイントが4つある。


(1) 微笑の小フライはバントの飛球であるため、インフィールドフライが宣告されない。
(2) 三塁走者の岩鬼は、不知火の捕球前に離塁しているため、タッチアップをしていない。
(3) 一塁で山田がアウトになる前に、三塁走者の岩鬼が本塁に到達している。
(4) 3つめのアウトをとられたのが、打者走者の微笑ではなく、一塁走者の山田である。


まず(1)のポイントによって、不知火の捕球以前のプレイに関して、各走者には進塁の強制が解除されていない。インフィールドフライの宣告というのは、要するに「ランナーが強制的に次の塁にすすまなければならない義務を解除すること」なので、それが宣告されてない以上、各ランナーは不知火が捕球する以前には進塁しなければならない状態だった。その状態が解除されて帰塁の義務が発生するのは、不知火が小フライを捕球した瞬間だ。

つまり守備側にしてみれば、不知火が小フライを捕球してからは、フォースアウトをとれなくなる。最初に打者走者がアウトになっており、かつ各ランナーは帰塁しなければならないからだ。フォースアウトは、各走者に進塁義務がある場合しかできない。だから一塁走者の山田をアウトにしたければ、二塁に送球するのではなく、一塁に送球しなければならない。

もしフォースプレイで第3アウトをとり、かつ第3アウトが打者走者だった場合には、時間軸に関係なく、三塁走者の本塁生還は認められない。しかし、そのふたつの前提は、両方とも「ドカベン」のケースでは成り立っていない。不知火の一塁転送はフォースプレイではない(ポイント(1))し、第3アウトをとられたのは打者走者の微笑ではなく、一塁走者の山田(ポイント(4))だ。

フォースアウトがとれない状況ということは、第3アウトをとる前に成立した得点は有効(ポイント(3))ということになる。不知火が一塁にボールを転送した時点で、一塁走者の山田はアウトになるが、それより早く本塁に到達した岩鬼はアウトになっていない。それが、岩鬼の本塁生還が認められた理由だ。

これは例えば、一・二塁間に一塁走者が挟まれ、その間に三塁走者がホームインするのと状況が同じことになる。この場合、一塁走者をタッチアウトにしても、それよりも前にホームインした三塁走者の得点が取り消されることはない。それと同じことだ。

つまり、不知火はボールを一塁ではなく、三塁に転送すべきだったのだ。三塁走者の岩鬼はタッチアップしておらず(ポイント(2))、不知火が小フライを捕球した時点で帰塁の義務が生じる。そこで三塁に転送すれば、岩鬼がアウトとなって得点は認められない。


ところが、一塁に転送して、一塁走者の山田をアウトにした後でも、三塁走者の岩鬼をアウトにする方法がある。これが俗に言われる「第四アウト」だ。
一塁走者の山田をアウトにした時点で、3アウトとなりチェンジになる。そのあとベンチに引き上げず、すぐにボールを三塁に転送して触塁したうえで、審判に「タッチアップをしていないので、第3アウトを、三塁走者の岩鬼のアウトに置き換えます」と申告する。するとその時点で、三塁走者の岩鬼にアウトが宣告される。

一塁で山田がアウトになったのが第3アウトなので、その後に三塁で岩鬼からとるアウトは「第4アウト」ということになる。記録上は、山田の第3アウトを、岩鬼のアウトに「置き換える」措置となる。審判にアピールするときに「置き換えます」と申告するのは、そのためだ。
このプレイは、三塁に黙って触塁しても成り立たない。必ず、審判に申告してアピールする必要がある。


野球規則 7.10 「アピールアウト」


次の場合、アピールすれば走者はアウトになる。

(a) リタッチ
飛球が捕らえられた後、走者が再度の触塁(リタッチ)を果たす前に、身体あるいはその塁にタッチされた場合。
(b) 塁の空過
(c) 一塁をオーバーラン後の触球
(d) 本塁空過時の触球


本項規程のアピールは、投手が打者への次の1球を投じるまで、またはたとえ投球しなくてもその前にプレイをしたりプレイを企てるまでに行わなければならない。イニングの表または裏が終わったときのアピールは、守備側チームのプレーヤーが競技場を去るまでに行わなければならない。

アピールするには、言葉と動作とで、はっきりとその旨を表示しなければならない。なお、ある一つの塁を2人以上の走者が通過した際、その塁の空過を発見してアピールするには、どの走者に対するアピールであるかを明示しなければならない。例えば、甲、乙、丙の3人の走者が、三塁を通過し、乙が三塁を踏まなかったときは、乙に対するアピールである旨を明示しなければならないが、もしこのとき甲が空過したと誤って申し出て、審判員に認められなかった場合でも、その塁を空過した走者の数までは、アピールを繰り返して行うことができる。



白新高校の守備陣は、3アウトをとったため、全員がベンチへ引き上げた。このとき、フェアラインを通り過ぎて全員がファウルゾーンに入ってしまった時点で、アピールの権利を喪失した。このとき、岩鬼の本塁生還と得点が、ルール上確定したことになる。



4thout2

ルールくらい知っとけ、不知火。 


まとめると、守備側の白新高校がこの回を無得点に抑えるには、次の3つのいずれかの可能性があったことになる。

[ 1 ] 打者・微笑のバントフライを、不知火がわざと落球する。
すかさずボールを拾って二塁に転送(一塁走者の山田がアウト)、さらに一塁に転送(打者走者の微笑がアウト)して、ダブルプレー成立。
この場合、落球によって打者走者がアウトになっていないので、各ランナーには進塁義務がある。よって、フォースアウト(二塁転送で山田からアウトをとる)が可能となる。また第3アウトが打者走者なので、上記のポイント(4)が成り立たたず、得点は認められない。また、このダブルプレーの取り方は、インフィールドフライが宣告された場合には不可能だが、上記のポイント(1)によって、この場合は可能になる。

[ 2 ] 打者・微笑のバントフライを、不知火が捕球(打者走者の微笑がアウト)。
この場合、すでに岩鬼が本塁に達しているので、その得点を取り消すために、ボールを三塁に転送し、タッチアップをしていない岩鬼がアウト。ダブルプレー成立。

[ 3 ] 打者・微笑のバントフライを、不知火が捕球(打者走者の微笑がアウト)。
ボールを一塁に転送(一塁走者の山田がアウト)。これで3アウト。ただし岩鬼の得点は有効
この得点を取り消すために、ボールを三塁に転送して触塁し、「タッチアップをしていない岩鬼に第3アウトを適用する」と審判に申告する(三塁走者の岩鬼が第4アウト=第3アウトに置き換え)。



実際の野球の試合でも、これと似たような状況があった。
2012年8月13日、第94回全国高等学校野球選手権大会の第6日、済々黌高校(熊本)と鳴門高校(徳島)戦。
7回裏、済々黌高校の攻撃中、1死、1・3塁の場面。

ここで済々黌の打者がライナー性のあたりを打つが、ショートがファインプレーでこれを捕球した(第2アウト)。一塁ランナーも三塁ランナーもヒットエンドランを企図してタッチアップなしで飛び出しており、三塁ランナーは本塁に到達。ショートはボールを一塁に転送し、一塁走者がアウト(第3アウト)となった。
ところが、三塁ランナーの本塁到達が認められ、済々黌に得点が入った。鳴門高校はアピールアウトをとらずに全員がベンチに引き上げたため、アピールの権利を失った。



まったく同じ状況。


このとき、済々黌の三塁ランナーは、子供の頃に「ドカベン」を読んだことがあり、アピールアウトのルールを知っていた。あえてタッチアップのための帰塁をせず、一塁ランナーがアウトになるよりも先に本塁に入り、本塁到達のタイミングを主審に確認している。その後は素知らぬ顔をして、鳴門高校が気づかないままベンチに引き上げるのを黙って見ていた。

アピールアウトは、本塁への進塁が絡む際に発生することが多い。主にスクイズだ。プロ野球よりも高校野球のほうがスクイズを多用するので、このルールが適用される状況は高校野球のほうが多い。
甲子園大会を見ていると、1アウトで1, 3塁か2, 3塁という状況は、わりと多い。そういう時にスクイズを選択するチームも多い。そういう時には、「ちゃんとルール分かってるかな」と、要らん心配をしてしまう。



日本の漫画っていろいろ勉強になるなぁ。
ペンギン命

takutsubu

ここでもつぶやき
バックナンバー長いよ。
リンク用
かんたんアクセス
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ