「私が本を29万ドル売った方法」日本の犯罪

2018年01月24日

「社説の何も言ってない感がヤバイ」

社説の何も言ってない感がヤバイ


新聞読む習慣がなかったんだけど、ここ1ヶ月ぐらい5誌(朝日、読売、産経、毎日、日経)の社説をぼーっと眺めてて気づいたこと。


社説って何も言ってなくね?


具体的な対案もなければ、事実を究明するわけでもない。

「俺でも調べりゃわかる」ってところは具体的に書いて、さあ主張する土台ができたぞ!ってところであいまいになる。

現行の政治や経済を否定したいなら、具体的な対案を出すべきだと思うんだが。それと、有名な人のブログを見るとだいたい対案が載ってる。そりゃ適当な記事もたくさんあるけど、そういうのはアクセス稼げないから淘汰されてる。

ネットマンセーとかじゃなくて、こう、頑張って取材してきただけのなんかがあるんじゃないの?他誌を出し抜くネタとか載っけたくないの?起こった事実だけならニュースでもいいけどさ、社説っていうんだからなんか言いたいことがあるんじゃないの?

「新聞」って世界のビジネスと政治を知らないからいろいろと大変なんだろうけどさ、あいまいな中学生の憤りにも似た主張を、高めの文章力で掲載してるだけに見えてるぞ今のとこ。


「わざとそう書いている」と考えれば、どうしてそういう書き方ばかりするのか見えるだろ。
事実の観察までは合格。あとは妥当な仮説を考えて検証する癖をつければいい。



あと一息だな。


このエントリーをはてなブックマークに追加
takutsubu at 16:18│Comments(0)Philosophy 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「私が本を29万ドル売った方法」日本の犯罪