たくろふのつぶやき

夏休みはそれを楽しみにしている間こそ至高。

2009年04月

豚インフルエンザ対策

豚インフルエンザ、どうなんでしょうね。ブタ


日本ではあまり日常的に危機感を感じている人は少ないと思いますが、メキシコあたりではもう大変なことになっているみたいですね。死者も出たみたい。
日本では成田空港で水際阻止作戦を実行しているとかで、検疫所は大変みたいです。

インフルエンザ、かかったことのない人には分からないかもしれませんが、あれ大変なんですよ。
僕は一度かかったことがあります。中学三年の冬、高校受験を控えた冬休みに命中しました。
受験勉強中だったことと、僕は年明けに行われる駅伝大会の県大会前でまだ練習をしてたこともあり、相当にダメージをくらいました。

もうね、「なんか具合が悪いな」と思ったら、その日のうちに熱が40度近くまでブワーっと一気に上がるんですよ。養生するヒマも栄養を取って休むヒマもありません。一気です。
人間は血液の他にリンパ液ってのが体中を流れていて、その液は体内の関節のところで溜まってリンパ節ってのを作っています。このリンパ液は熱に非常に弱いんです。
で、体温が一気に上がると、そのリンパ節が腫れてしまって、体中の関節が猛烈に痛みます。
僕はこのときに初めて腰痛を経験しました。肘も膝もすごく痛かった。

へろへろの体たらくで病院に運ばれまして、点滴を打ってもらったらかなり楽になりました。
でも発熱からくる消耗と体力の低下で、一週間くらいは自分の体じゃないみたいな感じでした。
あれはもうやりたくないなぁ。

しかも、それが伝染力が高いときていらっしゃる。
その状態で、根性出して人前に出ようものなら、その場にインフルエンザをまき散らしてしまうわけですよ。同じ症状の人を何人も作り出してしまうわけです。
今はどうか知りませんが、僕の中学の頃は、インフルエンザでの病欠は欠席扱いにしない、というきまりがありました。根性を出して学校に出てくることを防いでいたんでしょう。
んなもんで、僕は相当に発熱して休んだにもかかわらず、中学3年間は皆勤賞をもらいました。

かようにインフルエンザは猛威を振るうので、学校や職場では事前対策として予防接種を実施しています。アメリカの大学では無料で受けられました。
インフルエンザというのは要するに異種の抗原が体内に侵入して暴れるわけです。体内にその予防措置ができていないから発症します。
だから、あらかじめ同じ種類の弱めの抗原を体内に注射して、それをもとに体内で抗体をあらかじめ作っておくわけです。するとホンモノのインフルエンザが侵入しても、体内に防御耐性ができあがっているから無事でいられるわけです。
当然、実際に流行するインフルエンザと同じ抗原でなければ予防接種は意味がありません。それを見越して、予防接種は毎年、流行する抗原を予想して用意しておくシステムになっています。

インフルエンザは感染力が強いので、人がたくさん集る場所が発生源になりやすいわけです。
学校なんて、その最たるもんです。だから小・中・高校や大学なんて、真っ先に「重要事項」としてインフルエンザ対策と休講措置のガイドラインが廻ってきます。
僕が勤めている大学でも、当局はインフルエンザに関してかなり神経質で、今回のブヒブヒインフルエンザに関してもかなり早く手を打っています。

今回の豚インフルエンザが怖いのは、新型であるために、まだ抗体やワクチンが開発されていないことです。かかったら終わりです。
街中でこの豚インフルエンザが蔓延したら、対処の方法としては、「一歩も外に出ない」「家を閉め切って人と接触しない」という方法しかありません。


ゴールデンウィークを迎えまして、行楽地はかなりの人出のようですね。高速料金も全国一律1000円だし。
この時期のインフルエンザというのは、タイミングがいいのか悪いのか、分かりゃしません。

きのう嫁とスーパーに買い物に行ったんですが、陳列してある商品が不自然なんですよね。
ミネラルウォーターのペットボトルが、大量で箱売りしています。
ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品も投げ売りです。
パスタ、お米、おもちなどの炭水化物系が大量に積まれて売っています。
缶詰などの保存食品もバラエティ豊かです。

おそらく、豚インフルエンザの流行に備えて、家に篭城する準備フェアなんだと思います。
あからさまに「豚インフルエンザに備えて!」なんて見出しで大売り出しをすると、無用なパニックを引き起こしてしまいます。だからスーパー側としては、しれっと売り出しをしているんでしょう。
おそらく、行政からそういう指導がいってるんだと思います。


で、嫁もブーブーインフルエンザに対して危機感を抱いたらしく。
篭城しても困らないように、備蓄食料を買い込もう、ということになりました。


COSTCOまでやってくれたまい」

ははぁ、ブヒブヒの流行に備えて買い込みをしますか。

「備えあれば憂いなしブヒブタ

何かうの?

「んーと、お米でしょ、パスタでしょ、缶詰でしょ。お水も買っておくブヒブタ

ん、どうせ消費するものばかりだしね。この機会に買い込んでおくか

「ついでにケーキかベーグルが安かったら買っておくブヒブタ

いいねぇ。大量に買うとぜいたくに食べられますね

「あ、COSTCOの後でスーパーにも寄ってくれたまい」

スーパーにも寄りまつか

「うん、ゴールデンウィークだからおやつもいっぱい買っておくの♪」




おのれはただ大量の買い物をしたいだけと違うか



というわけでいま家には段ボール一杯の食料備蓄。

代打・阿部がサヨナラ打

代打・阿部サヨナラ打! 巨人2カード連続3タテ


巨人2x?1ヤクルト(23日・ヤフードーム) 
原巨人は阿部の一振りで今季初のサヨナラ勝ち、今季2度目の6連勝で2カード連続の3タテ、貯金を最多の9に伸ばした。1?1の9回、阿部が右越えに、もう少しで本塁打というフェンス直撃の右越打を放ち試合を決めた。阿部のサヨナラ打は11度目。  

先発の東野は1回、先頭の竹内にセンターオーバーの二塁打を打たれいきなりピンチ。川島慶の捕犠打で1死三塁とされたが、青木を浅い中飛。4番のデントナを外角低めの変化球で空振り三振でピンチを切り抜けた。その後は連打を許さず、7回を投げ4安打9奪三振で無失点の好投を見せた。  

打線は4回、2死からラミレスが左前安打で出塁。続く谷が右中間二塁打を放つと、ラミレスが一塁から激走、本塁に滑り込み先制。  

8回に1死三塁から3番手で登板した山口が青木にフェンス直撃の右越二塁打を浴び、同点。しかし、9回に小笠原の四球、谷の右前打で2死一、三塁から代打の切り札・阿部が接戦に決着を付けた。




1272922f.jpg




なんとなく面白かったので

国歌と国旗

『日の丸ー。最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。
どんなに苦しくても、膝が痛くても、日の丸をつけていると思うと頑張れる。
本当に不思議。これまで何度もそんなことがあったね。
ユニフォームの日の丸。スタンドで揺れる日の丸。
日の丸が目にはいると、こんなところで 諦めていいのかって、また闘志が湧いてくるんだ。
日の丸をつけて、君が代を聞く。最高だ。武者震いがするもの。
体中にパワーがみなぎってくる。
でも、日本の選手の中にはそうじゃないヤツもいる。不思議でしょうがないよ。
日の丸をつけるって、国を代表するってことだよ。選ばれた選手にしか与えられないものじゃない。
国を代表して戦うって、スゴイことなんだよ。それを忘れているんじゃないかって思う。
ワールドカップを見てみろよ。みんなあんなに必死になって戦うのは、国の代表だからだろ。
国を愛し、家族を愛し、仲間を愛しているからだろ。日本はそこんとこから外国に負けている。
自分のためだって? そんなの当たり前じゃない。じゃあなぜ、もっと大きいものを背負わないの?
オレ、日の丸背負ってなかったら、あんなに頑張れなかったよ。
ドーハの時、オレは38歳。 あのクソ暑い中で、そんなオジサンが全試合、それもほとんどフル出場。
練習だって若いヤツらと同じメニューをこなしてたんだ。
自分のためだけだったら、 とっくに辞めてたよ。』


元日本代表MF ラモス瑠偉



アメリカで国歌と国旗に対する誇りを見て羨ましかった

中国のサッカーチーム、強すぎて替え玉がバレる

中国女子サッカーで替え玉疑惑 ジュニアユース代表で中学対抗大会優勝


中国で、ある「替え玉事件」が波紋を呼んでいる。重慶市の大坪中学が4月中旬、トルコで行われた学校対抗の女子サッカー世界大会で優勝した。だが、出場したの選手のほとんどが、在校生ではなく中国ジュニアユースチームのメンバーだったことが発覚し、メディアは「国威発揚のためでも、してはならないことがある」と一斉に批判している。  

大会は国際学校スポーツ連盟の主催で、大坪中学はブラジル、ドイツなどの強豪を破り、5試合で28得点を決めるなど圧倒的な強さを見せつけた。だが、「中国のサッカーがこんなに強いはずはない」と疑問を抱いた中国紙「体壇週報」の記者らが、選手や関係者を取材した結果、チームの18人中15人が各地から集められたジュニアユースの選手だったことが判明した。  

学校側は当初、「メンバー全員が在校生」と主張した。しかし、選手たちが次々と「替え玉」として出場したことを認めたため、張建玲校長も「教育省の指示に従っただけで、(出場は在校生のみという)大会のルールを知らなかった」と認めた。政府関係者が関与していたことも示唆した。  

中国当局は長年、国際大会で良好な成績をあげることを求め、「為国争光」(国のために栄光を勝ち取る)を合言葉に、「人力」「財力」「物力」を注いでスポーツエリートを養成してきた。不正行為の疑惑も絶えない。北京五輪では女子体操選手の年齢詐称、2007年の女子サッカーW杯では中国チームによる盗聴疑惑が指摘された。今回の替え玉事件は氷山の一角との見方もある。



16 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/04/22(水)
この件で一番驚くべきなのは
中国のメディアが国が関わったインチキを暴いてるということ


30 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/04/22(水)
ジュニアユースってのも怪しいな。
実はさらに半分はフル代表でした、ってオチ希望


31 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/04/22(水)
さらに男も数人混じってた



(参考)
北京マラソンで替え玉、25人資格停止

中国陸上協会は14日までに、10月の北京国際マラソンで他人のタイム計測用チップを着けて走る替え玉行為などがあったとして、関係した計25選手に対し中国国内でのマラソン大会参加資格を2年間停止するなど処分を下したと発表した。  

そのうち北京体育大の男子選手は同じ大学の女子選手のチップを着用して走り、女子の最高タイムでゴール。女子の成績発表が1時間以上遅れるなど混乱を招いた。ほかにも参加資格のない人にゼッケンを与えた選手が4人いた。




なんでそんなことしようと思うんだろう

どうなる地デジ(のCM)

1add53fa.jpg




やっぱり呼称は「草彅メンバー」かな
ペンギン命
ここでもつぶやき
バックナンバー長いよ。
リンク用
かんたんアクセス
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ