たくろふのつぶやき

毎日がエブリデイ。

2009年01月

パンク

大学生の友人5人が日曜日に隣の県までドライブに出掛けた。
月曜日は試験だったが、5人とも得意な科目だったので、特に気にせずに夜中まで遊びほうけた。
仮眠を取った5人はうっかり寝過ごし、高速をすっ飛ばして帰ってきたが
大学に着いたときには、すでに試験は終わっていた。
困った5人は話し合い、途中でタイヤがパンクしたということにして、教授に謝りに行った。
「ふむ、そういう事情ならしかたがない。これから追試験を受けなさい」
寛大な教授は5人を教室に待たせ、新しい試験問題を持ってやってきた。
5人は配られた問題用紙を見て、ほっと息をついた。予想通りの簡単な問題だったからだ。
まず、配点が10点の問題1を難なく解き、5人は次のページをめくった。

問題2:パンクしたのは前後左右どのタイヤか。
またパンクしたときの場所はどこか(90点)




これはいいことを聞いた

ドリフト駐車

a9c5d420.jpg




助手席の彼女を口説く小技に使えるかも

センター試験2日め

センター試験、2日めも終わりましたね。
受験生のみなさんおつかれさまでした。
今日は自己採点で泣いてください。


2日めは理科と数学の理系科目。
生物、数IA, 数IIB, 化学、物理(地学)の5時間。

数学はさすがに試験監督をしながらは解けないですが、見た感じ、なんか簡単になったような気がします。
だいたいセンター試験の数学なんて、閉区間の最大最小問題とか、極値とか、方程式をちょっとずらして代入展開を楽にする問題とか、パターンが決まってます。そのパターンさえ体で覚えていれば、遠慮なく満点がとれるような問題ばかりです。
数Iの最大最小問題なんて、微分を使わなくても解けるように作ってあるんだから、グラフから攻めるか相加相乗平均くらいしか技がないわけですよ。簡単だと思うけどなぁ。

というか、センター試験そのものが年々易代してませんかね。
僕は今回の英語の試験を20分くらいで解き終わりましたが、受験している生徒さんでも時間が余ってる人が何人かいました。僕の受験生時代は英語で時間が余るというのはあり得なかったもんです。
やっぱあれかな、ゆとり時代の影響で問題をやさしくせざるを得ないのかな。


試験監督をしてていろいろ困ることがあるんですけどね
よく分からないのは、女子学生の服装なんですが

僕が試験監督をした教室はほぼ現役生ばかりで、何故かみんな制服を着てるんです。
あんな硬い服着てたら思いっきり実力を出せまいに。
パジャマでいいんだパジャマで。

で、女子高生の方々なんですが、センター試験のこの期に及んで短いスカートにナマ足なんですよ。
あれじゃ寒いでしょうに。もっと暖かい格好すればいいと思うのですが。

そのくせ膝掛け毛布を使うって何だよ
膝掛け使うくらいだったら、ナマ足で来るなっつーの。

不正行為防止のために、試験前には膝掛けをひとつひとつチェックしなければなりません。
紙片をまぎれこませていないか、膝掛けに英単語や地図が書いていないか、ひとりひとり確認しなきゃいけないんですよ。
これが時間がかかってしょうがない。フリースの下かなんかはいてきなさい。せめてジーンズくらいにしとけって。

大学の教室ですから、机は2, 3人がかけられる長机です。作業台にも使えるような感じのやつです。
その引き出し部分は、パイプっぽい細い金具が張ってある、網棚のようなものになっています。
試験中はその引き出し部分にものを置いてはいけないので、これもいちいちチェックします。
受験生の前側から、机の下部分を覗き込む形になるわけです。

で、女子高生のあのスカートの短さですよ。もれなく見えちゃうんです。
喜んでる場合じゃないですよ。もしそれを不快に感じる学生さんがいて試験本部に訴えようもんなら、追試験とかいろいろと面倒なことになるんです。ただでさえ教員のそのテの不祥事に対して世間は敏感なんですから。
そもそも女子高生のパンツなんか覗いてどうしろと

そういうトラブルを避けるために、引き出しのチェックはぜんぶ女性職員の試験官にやってもらいました。
腰が痛そうでしたよ。


であるからして、二次試験や私立受験のときには、女子学生のみなさんはぜひともズボンをはいてこいと、声を大にして求めるものであります。



受験に関係なく食べる「うカール」のうまいことうまいこと

センター試験1日め

今日は大学入試センター試験の一日目でしたね。
受験生のみなさんおつかれさまでした。


まぁ、試験監督者も疲れるんだけどな


今日は、社会、国語、英語の文系科目です。
ちょっと問題を見てみました。
 
英語の試験を見て思ったんですが、なんかアレですね、センター試験の英語の試験はだんだんTOEIC化してますね。
従来の英検チックな知識問題ではなく、読ませて、考えさせて、英語力プラス思考の力で正解を導くような問題が多くなってきたような気がします。

だいたいsporadicなんて単語、俺だって知らねぇよ。
まぁ、問題文の前後をよく読めば意味が分かるようになっており、分からない単語の意味を推測させる意図の問題なんですが、共通一次の色が濃かった初期のセンター試験だったらこんな問題絶対出てなかったぞ。

"a can of worms"もやっちゃってますね。
これは知ってました。「触らない方がいい問題」くらいの意味です。
問題中では、なんか授業の発表を翌日に控えた学生同士の会話で、「あしたの発表どうよ?」「いやー、トピックの選択に失敗しちゃって・・・」みたいな文脈で使われています。

試験が終わった後、ネイティブスピーカーの先生と話しました。


"a can of worms"って、よく使う表現なんすか?

「いやー、あまり使わないですね。学会発表とかでたまに使うことはあるかもしれないけど、まぁ年にそう何回も使う表現じゃないですよ」

へぇー。実際に使うんですね。僕知ってたけど使ったことないや

「それにね、あの試験問題での文脈で使うのはちょとおかしいですね。なんか会話の流れにフィットしてないです」

へぇー。

「それよりも1問めの発音問題、あれはちょと高校生には酷ですね」

え、あれ、むずかしいすか?

「ええ、ネイティブスピーカーにもちょっと微妙で判断しにくい問題がありましたよ」

ああ、あの声調の問題とか

「そうですね、読み方はちょっと人によって違いますから」


ああ、それから最後の長文問題、なんか"find-a-right-word dictionary"なんてのがありましたね。
叔母さんから英英辞典を贈られた学生の話で、どうやって使うんだろう的な試行錯誤をした挙げ句、「英英辞典ってこうやって使うのか、へぇー」と気づく、という内容です。
その中で、辞書っていってもいろんな種類があるんだなぁ、という内容のなかで、例の"find-a-right-word dictionary"なるものが出てくるんです。

どうやら、それを引くのは英作文のときだそうな。
ある状況を思い浮かべてもそれにぴったり合う単語が思い浮かばないとき、似たような意味の単語を調べてみると、それに類似した単語がいっぱい載ってるそうです。その中から「これだ!」と思う単語を選ぶ、というふうに使うそうなんですが


それってthesaurus(類語辞典)のことでは。


英語では"find-a-right-word dictionary"なんて言い方するんですか?

言いませんよwww。たぶん"thesaurus"じゃ受験生に難しいと思ったから、ああいう言い方で出題したんじゃないですかね」


英語はリスニング試験があり、これが様々なトラブルの元です。
センター試験のリスニングは、英語の筆記試験とは別時間の枠で1時間行います。
学生ひとりひとりに再生用の端末を配って試験をします。
当然、機器の故障や不具合が発生することがあり、ちょっとでも不具合があると「再開テスト」といって、正規の試験のあとで受け直しをすることができます。

つまりですね、試験監督側からすると、英語リスニングの試験は、トラブルがあるともう1時間の残業なわけです。
そりゃ試験監督者の側はトラブルが起こらないように試験運営に気合い入れるわな。

僕の勤めてる大学では、センター試験監督の教員は1日めか2日めのどちらかに監督業務が割り当てられます。
当然、英語のリスニング問題の負荷がかかる分、1日め担当のほうが「ハズレ」です。
2日め担当の先生は、1日め組に「大変ですね、がんばってください」的な声をかけます。


まぁ、俺は両日とも担当だけどな



下っ端ですから

目が曇る

僕は視力が悪くてハードのコンタクトレンズをしているんですが
最近、どうも眼が曇るようになりまして。
どうも視界が濁るんです。

コンタクトレンズというのは裸眼にはめるもんですから、タンパク質が付着します。
だから定期的に洗浄したり、タンパク質の除去剤に浸したりして手入れしなければなりません。
ところが、どうやって洗浄しても眼の曇りが取れないんです。
洗った時はきれいになっても、すぐ白く濁ってしまいます。

おかしいなぁ、と思って眼科医に行ってみたら、原因の半分はコンタクトレンズ、もう半分は眼のせいなんだそうな。
今まで使ってたコンタクトレンズはずいぶん長いこと使ってましたので、かなり変形してしまってるんだそうです。それが眼のカーブに合ってなくて、眼球を傷つけてしまい、炎症を起こしていました。
痛いとか痒いとか、そういう自覚症状は一切なかったんだけどなぁ。

コンタクトレンズのほうも派手に傷がついていたそうです。
長く使ってりゃ、そりゃ傷のひとつやふたつもつくかなぁ。
もう交換どきと判断して、新調することにしました。


レンズに傷がつかないようにするには、どうすればいいんですかね

「コンタクトレンズには、どうしたって傷はついてしまうんですよ。目に見えないくらいの細かいゴミとか塵が、眼に直接入ったり、指でこすり洗いするときに紛れ込みますから」

うーん、じゃあ変形ってのはどうして起こるんですか?

「これも時間の問題でいずれ変形はしてしまうんですよね。なにせこんなに薄いもんですから。特に、洗浄をするときにお湯で流したりすると変形は早まります」

あー、確かにお湯で洗ってたかもなぁ

「だから、コンタクトレンズというのは2年から3年で交換するものなんですよ。あまり長く使いすぎると、今回のように目を傷つける可能性があります」

長く保てばいいってもんじゃないんですね

「でもこのコンタクトはかなり傷がついてますね。相当変形してますし。何年くらい前に作ったんですか?」




まさか7年前とは言えず。



スポーツするときは使い捨てのソフトコンタクトです
ペンギン命

takutsubu

ここでもつぶやき
バックナンバー長いよ。
リンク用
かんたんアクセス
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ