たくろふのつぶやき

夏休みはそれを楽しみにしている間こそ至高。

2008年01月

好きなもの

午後4時から6時、虹、適当に冷えたコーヒー、乗車率3割くらいの電車、凍った湖、Powerbookの起動音、下敷しないノートの筆圧、自動改札、空港の待ち時間、知り合いのいない街、満月の夜、3部混成合唱、窓から眺める暴風雨、工場、キーボードのタイピング音、円周率、トレーニング後のオレンジジュース、机に置ける扇風機、スケートリンクの整氷車、間接照明、活字になった自分の論文、パストラミのサンドイッチ、ダンクシュートの音、砂糖を入れない紅茶、バランスド・アーマチュア型のイヤホン、大雪の朝、クライスラーのバイオリン、読み潰した文庫本、笑顔、霧に浮かぶヘッドライト、波打ち際での裸足、周期表、夕立の音、ひらがなのデザイン、ペンギン、燃え尽きる寸前のロウソク、アーミーナイフをたたむ感触、停まった車にお礼をしながら道路を渡る子供、マグカップ、身に覚えのない半券、建設中のビル、深夜開店のガソリンスタンド、数式で表した物理法則、月単位ブロックレイアウトのカレンダー、ペパーミント、磨いた後の車、揃っていないル?ビックキューブ、雨上がりの緑、字の無い世界地図、手ぶらの散歩、顔面に衝撃を受けた時の鼻の奥の焼ける匂い、夏の朝顔、筆記体のx、磨いたグラス、終電を無視する飲み会、vPのない樹形図,耳の部分が真っ直ぐなサングラス、ところてんののどごし、スクラム右→8→9→14、とうもろこしを噛む音、アナログの時計、反証可能な命題、飛行機から見る高速道路、街路樹、ファスナーのないパーカー、徹夜明けの朝焼け、朝靄、秒針の音、10回以上繰り返し聞ける音楽、革財布の手触り、ミトンの手袋、学会発表で壇上から眺める会場、砂鉄と磁石が描く模様、床がよく磨いてある店、ジャンクション、ボウリングのピンが倒れる音、雲ひとつない青空、昼間なのに真っ暗になる曇り空、肘掛けのある椅子、桜の匂い、時間の感覚を失うほど集中する状況、滑舌の良い店員、関節の鳴る音、茸類の歯応え、歴史の年表、ブランコの音、一時間間違えた早起き、読めない漢字、深夜の病院のロビー、プルトップを開ける音、湾岸工業地帯に林立するクレーン、あてのない小旅行、石鹸でたてた泡、







そして、君。



ありがとう。

TBSが相変わらずの模様です

d2aba10e.jpg



100%責任あるのに…TBS「大毅追突」偽装報道?



ボクシング亀田三兄弟の二男、亀田大毅(19)の追突事故で、TBSが「追突事故に巻き込まれていた」と大毅が被害者のようにも受け取れる表現で報じていた。三兄弟の試合をほぼ独占的に放映し、亀田家と関係が深いことで知られる同局だけに憶測を呼ぶが、交通事故に詳しい専門家も「追突した側に100%責任がある事故で、巻き込まれたという表現はおかしい」と疑問を投げかけている。

 TBSは同社のニュースサイトで29日、「亀田大毅選手、急停車の車に追突」と題した記事をアップ。「亀田大毅選手が、東京・葛飾区で車を運転中に、追突事故に巻き込まれていたことが分かりました」「葛飾区亀有の信号のない交差点で、車を運転中に事故に巻き込まれました」と報じた。

 亀有署の調べによると、大毅が前方で急ブレーキをかけた乗用車に追突。運転していた日産エルグランドの前部バンパーと、前の車の後部バンパーが接触して破損し、物損事故として処理された。

 大毅は署員に「ぶつけたことは間違いありません」と自ら起こした事故であることを認めていた。兄の興毅(21)も29日の記者会見で、「オヤジ(史郎氏)にめちゃくちゃ怒られて泣いとった」と明かしていた。事故を最初に報じたのはTBSではあるが、関係の深い同局が亀田家に配慮したのではないかとの疑念も湧いてくる。

 これに対し、TBSの広報担当者は「事実に基づいて取材しています」と主張。また、同社の関係者は「会社の主張がこうだから自分の報道を曲げる、ということは絶対にない。それは報道にたずさわる者が決してやってはいけないこと。現場の記者が自らの取材に基づいて書いたニュースであり、亀田寄りというのは邪推だ」との見解を示した。

 交通事故に詳しい加茂隆康弁護士は「車間距離保持は義務で、追突は安全運転義務違反にあたる。一般道での追突事故は追突した側に100%責任がある。亀田さんが追突され、さらに前にぶつかった玉突き事故なら『巻き込まれた』という表現でも構わないが、この事故ではおかしい。(記事を書いた)記者は十分な取材をしなかったか、勘違いをしたのではないか」と話している。



38f1b67a.jpg




やっぱあれかな、呼称は「亀田大毅ボクサー」かな。



人を殺したら「殺人事件に巻き込まれた」と言うのか

人生の喜び

自分のいる大学の恥を晒すようですが


学内新聞を見ていましたら、大学バスケットボールチームのうち主力2人が警察に拘束されたそうです。
公共の場での飲酒とアルコール携帯、それに麻薬使用の疑いもあるんだとか。
裁判所から出頭命令も出ており、正式に薬物検査が行われるそうです。

大学側は即座に2人の公式戦出場を無期限で停止。
今週はちょうどアウェーの週になりまして、チームは各地を転戦してるんですが、その遠征の帯同が許されていないそうです。

捕まった選手は、ふたりとも大学2年生。なかなかいいプレーヤーなので試合を見に行ったときには僕も結構楽しく見てた選手たちです。
なんでそういうことするかなぁ。

僕も大学時代は体育会でしたが、公式戦のシーズン中は酒なんて飲みませんでした。
チームで禁止されていたわけではなく、自分の体調を真剣に管理するつもりになれば、真っ先に排除するのは酒とタバコでしょう。
僕はもともとあまり酒飲みではありませんし、ふだんからタバコも吸わないので別に苦ではありませんでしたが、飲んだり吸ったりしててちゃんと動けるんだろうか。

日本でも関東学院大学のラグビー部が集団で大麻をやらかして、部の活動が無期限停止状態になっているようですね。
大学生というのは人生が楽しい盛りですから、酒だの薬だの、快楽をもたらすものについつい手を染めてしまうのは、まぁ分からないではありません。

しかし僕は個人的に、スポーツ選手がそういうものに手を出す気が知れません。
「運動部は他の生徒の範となるべし」とかいう問題ではなく、そもそもそういうものが欲しくなるもんなんでしょうか。

人間には楽しみや嬉しさを感じられるものがたくさんあると思いますが、人が得られる最も本質的な快楽は、苦労や努力を乗り越えた向こう側にある喜びだと思います。
僕は基本的な人生哲学として、乗り越えた苦労の大きさと、得られる快楽の間には、正の相関関係があると思っています。

日々努力し、コツコツと実力を磨き、切磋琢磨して、時には歯を食いしばり、懸命に懸命に頑張り続け、その報償として得られる成果ほど、人にとって本質的な喜びはないと思います。
これは別に勝負や競争の世界だけでなく、どんな生き方にとってもあてはまることでしょう。毎日、子育てや家事を際限なく繰り返しているお母さんが、母の日に子供からの手紙やプレゼントをもらってつい涙が出てしまうのも、そういう原理が働いているのだと思います。

そして、スポーツというのは、そういう喜びを最もわかりやすく体現してくれるものだと思うのです。勝ち負けという形ではっきりと結果が出るので、努力が報われる形が頻繁に得られます。人の努力というのはそうそう簡単に報われるものではないと思います。ところがスポーツに関しては、「勝負に勝つ」という、きわめて分かりやすい形で喜びが得られるものです。

だから、スポーツの世界に身を置く人は、金で買って容易に得られる快楽と、努力を乗り越えた先にある快楽の、どちらがより本質的な喜びにつながるか、何度となく身を以て体験しているはずです。
そんな人達が、酒や薬ですべてを棒に振ってしまうというのは、どういうことなんでしょう。

確かに金を出せば酒は買えます。法を犯す覚悟があれば金で麻薬も買えるでしょう。
しかし、金で買える快楽というのは、その金額分の快楽を味わったら、すぐに消えてしまうものです。しかも厄介なことに依存性があります。どう考えても、そういう手段で得られる喜びというのは、その場限り、一夜限りのものでしょう。

人生の喜びを味わえる方法は人それぞれでしょうが、どういうものに重きを置いているかで、その人の人生経験と人柄の深さが分かる部分があると思います。
個人的には、お金で買えるものだけが人生の楽しみの大部分を占める生活など、あまり楽しくはないような気がするのです。

件の選手たちは、どうやら補導されるのが初めてではないようです。
バスケが全米レベルの実力なのはどうでもいいんですが、バスケの前にもっと学ぶべき何かをすっとばしたまま、ここまで来てしまったのだと思います。



一杯やりながらのNintendo DSが楽しいんだこれが

「妻に『愛してる』と言ってみるスレ」

474 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/01/23(水)
同居の義父(71)がさっき勇者になった。
晩飯の後、俺が居間のコタツで肩までもぐってウトウトしてたらいないものと思われたらしい。
居間のすぐ横の台所で茶飲んでた義父と義母(70)
何か話してるのを夢うつつで何となく聞いてたら

義父「あー母さん」
義母「はいはい」
義父「あ、あー、愛してますよ、いつもありがとう」
義母「(沈黙)」
義父「あ、あー、あー、まあねえ、ふふふ(照れ隠しかw)」

俺このへんでしっかり目が覚めてたんだけど動くに動けず
コタツあちぃwwww

義母「お父さん」
義父「は、はいっ」←いつも昔ながらの亭主関白なんだがw

義母「私より先に死なないで下さいよう。一秒でも一人にしないで下さいねぇ」

…義母にやられたぜ。

義父はうーとかあーとか言ってたけど、最後に
「しないしない。馬鹿、するわけないだろう、滅多な事言うな、馬鹿、だからおまえは馬鹿なんだよ」
って勢いよく言ってた。最後涙声だった。

義父に何があったのか知りたいがw
俺も嫁に言ってくるわ。10年くらい言ってない。
コタツから出るタイミング逃して、ちと脱水症状だがな。


480 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/01/23(水)
>>474のお義父さんは、きっとこのスレをロムってたに違いない。
お義父さんがこれだけ頑張ったんだから、次はムコ殿の番だな!w


482 名前:474[sage] 投稿日:2008/01/24(木) 00:17:21
ムコですw

言って来た。
心臓破れるかと思った。お義父さん、よく心臓発作起こさなかったなw
嫁が残業で帰宅が21時過ぎだった。
んで飯食うの付き合って(俺は茶だけ)、嫁が風呂入って、
夫婦の部屋でまったりしてた。
嫁が鏡台で肌の手入れしてる時に、後ろから言ってみましたよと。

スペック
俺34
嫁33

俺「あの」
嫁「なにー」
俺「あのー」
心臓ばくばくして中々言えないw「あのー」とか繰り返して俺馬鹿w
俺「あ、あい、愛してますよ」

嫁、反応なし。
こんなもんか…と思ってたら、鏡の中の嫁、難しい顔してんのな。
何かやばかったか…と思ったら、いきなり嫁がぼろぼろ泣いてんのな。
嫁「何だよー。いきなり言うなよーうわーん!」
俺「ごめんごめん!!!!」
焦って謝る俺何www
嫁「私だって愛してんだよー。もっと言え馬鹿ー」
おまえだって言わねーだろが。

で、泣き声に驚いた義両親が突撃してきたんだわ。
何があったんだって言われたんで、
俺「お義父さんを見習ったら泣かれまして」
義父、一瞬ポカーン→真っ赤
義父「き、き、聞いいいてたのか!」
俺「スミマセンスミマセン!!」
本気で謝る俺何w
義母笑ってるしw

gdgdになって、今まで四人でコタツで酒飲んでました。
嫁大好き。義両親も大好き。
このスレあって良かった。週末は諦め気味だった子作り頑張るぜw
お前らありがとな。


483 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/01/24(木)
>>482
ムコGJ!
ほほえましい家族だな。w



言わないもんなんですかね

チョコレート三昧

仕事や勉強がたてこんでると、ちょっと甘いものがほしくなりますね。
今日はお買い物に行ってきたので、ついでにおやつを買って来ました。




fcd0fac1.jpg

やたらにたくさん売ってますな




ええもちろん自分で買いましたが何か



そっか、世の中はバレンタインが近いんですね。
中学のときには毎年、年明けあたりから野郎共が女の子に親切になるんですよね。
チョコレートがおいしい季節になってきますね。

バレンタインデーにチョコレートを贈る、という習慣は、日本が最初に行ったらしいですね。
日本にいた頃は「これって日本だけの習慣で、アメリカではそんな習慣は無いんだぜ」なんて物知り顔で言ってた奴がいましたが、なんのなんの、アメリカだってバレンタインでは猛烈な量のチョコレートが出廻ります。
義理チョコだけでも大学の研究室で3, 4個もらいます。
まぁ、アメリカではチョコレートだけでなく、クッキーやケーキなどを手作りして贈るってのも多いですね。

しかし、バレンタインさんが何者か知りませんが、空気を読んだ日に祝われたもんですね。
もしバレンタインデーが真夏だったらチョコが溶けて大変なことになってましたね。
あ、もしそうだったらチョコじゃなくて冷麦でも贈る日になってたのかな。

どうしても冬は内に籠りがちになっちゃうので、おやつが進んでしまいますな。
それにとどめをさすようなタイミングでバレンタインですよ。
おやつの食べ過ぎには気をつけないと。


b3da390e.jpg

12本で12ドルって言われましても




彼女がおやつの詰め合わせを贈ってくれました
ペンギン命
ここでもつぶやき
バックナンバー長いよ。
リンク用
かんたんアクセス
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ