たくろふのつぶやき

秋はやきいも ほくほくしてうまし。

2007年07月

今日は熱い一日だった

今日、所用で、都内のとある女子大に行っていました。


女子大です。

女子大です

女子大です


みーんなオニャノコでつよ。(*´Д`)ハァハァ


大学内に入るときには、正門の守衛所に寄って、要件と訪問先を記入しなければなりません。僕の場合は、訪問先の教授があらかじめ守衛さんに連絡しておいてくれたので、すんなり入れました。
入構が認められると、首から下げる入構証を渡してくれます。クルマで入構するときにはよくやる手続きですが、今日は僕は電車と歩きで来たのにこの厳重さ。これって女子大だからなのかなぁ。学内ではずっとこれを首から下げてないといけないのかぁ。なんかいやだなぁ。

もう7月も終わりだというのに、まだ大学には普通に学生さんがたくさんいらっしゃるんですね。いまがちょうど前期の試験期間中なんだそうです。
僕が学部生の頃には、7月になったらもう試験が始まって、15日にはもう夏休みに入ってたような気がします。
週休5日制のあおりで中学・高校の日程が変わるのは分かるんですが、どうしてもともと土曜が休みだった大学まで日程が変わっちゃってるんだろう。

とにかく大学が試験期間中なもんで、オニャノコ学生さんたちはみんな熱心に勉強していらっしゃるんですよ。最寄り駅までの電車の中でもノートを食い入るように見ている学生さんが多かったし、学内のあちこちにもノートを廻し読みしているらしきグループがいらっしゃいました。試験勉強かぁ。僕もようやったなぁ。

んで、ちょっと冷たいものでも買おうかと思って生協の食堂にいったわけですよ。

女子大ですから、まぁ、当然、いらっしゃるのはみんな女子大生の方々なわけですよ。

そこへ、ふらっと野郎が一人で入り込むわけですよ。



オニャノコ達に一斉にガン見されるわけですよ



怪しいものじゃありません。怪しくありませんってば。



この時に思いましたね。


入構証を首から下げておいて良かった。


最初は「めんどいなぁ」と思ってた入構証が、 「この人は怪しい者じゃありませんよーっ」と、僕の弁護をしてくれるような頼もしさですよ!
入構証は大学の安全の為などではないのですよ!
外部者(野郎)のためのものなのですよ!

女子大生の諸君!
恥ずかしがることはないのである!
遠巻きで「あの人誰?」「何しに来てるのかしら?」とかヒソヒソ話してないで、寄ってきて、たくろふに声をかければいいと思う!
「どちらさまですか?」とか「専門は何をしてらっしゃるんですか?」とか「メールアドレスいただけますか?」とか話かけてくればいいと思う!



いや、実際に話しかけられたら全力で逃げるけど。



食堂でアイスコーヒーを飲んでいましたら、隣に座ってた女子大生のグループが、ちょうど言語学の試験勉強をしているようでした。
盗み聞きしたわけではありませんが、ふつうの話し声でしゃべってたもんで、どうしたって聞こえてきます。


「あれー?Xバーってさー、いちばんてっぺんって何だっけ?」

「んーと、たしかXPとかじゃなかった?」

「でもさ、最近vistaとかに変わったじゃんー」

「えー、それって関係あるのー?」

「あ、ちがうよ。たしかいちばん上はSだよ。」

「え、ちがうよー。Sだったのが、ナントカPに変わったんだよー」

パラパラ・・・ あ、ノートに書いてあった・・・IPだって」

「え、そんなOSあったっけ? ”IT”じゃなくて?」

「でもvistaPなんて、なかったよねぇ」




君ら、面白過ぎ。


下手な落語よりも面白い。



もちろん知らん顔して出てきました。

自信満々

586 水先案名無い人 2007/07/25(水)
休日にあの手この手でドアを開けさせようとする姑息な勧誘員に比べ
「お前が読みたいのならば配ってやらんこともない」とばかりに
申し込みハガキだけがポストに入っている日経の自信満々っぷりが好き



そして記事は結構面白い。

死刑制度

「死刑」と「仏教」
(「仏滅上等」さま)


死刑制度廃止に関する宗教者からの見解。


死刑制度の是非を語るときには、大雑把に分けて「罪について」「生命について」「法について」という、3つの異なったテーマに関する、自分なりの考え方が問われる。死刑制度はその3つが密接に関連した問題だ。それぞれについて自分がどのように考えているのかはっきりしてないうちは、自己矛盾に陥るような脆弱な議論しかできないだろう。

上掲記事は、そのうち「罪」に関して、仏教に携わる立場からの見解。罪とは何か、それにどう対処するか、という問題に関して、宗教以外に拠りどころを持つ人は、思いのほか少ないと思う。



和尚、気合入れて書いたなぁ

月極家再興への道

2 天涯孤独(大阪府) 2007/07/18(水)
月極家は戦前、日本各地に広大な土地を保有していたが、
戦後の財閥解体のあおりを受け大部分を手放さねばならなかった
一応各地に点々と土地は残ったが、そのどれもが非常に狭く
農地としては勿論、宅地としても使い物にならなかった

時は流れ、世は高度成長期
月極家8代当主 月極倫太郎は、来るべきモータリゼーションの際
必ず駐車場が不足すると予測し、各地で遊んでいた土地を整備
全国で月極駐車場チェーンを展開して、見事に月極家再興を果たしたのであった

現在日本では駐車場シェアの72%を占め、海外でもその名は知れ渡っている
アメリカで「GEKKYOKU」と言えば、「parking」として通じてしまうほどだ



誰もが一度は勘違いしていた頃があったはずだ

駒野友一

d1c7be79.jpg



319 名無しさん@恐縮です 2007/07/21(土)
駒野なんて大したことはない。

中三のときに父親を無くして、
私立初芝橋本高、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島などからスカウトされたが、
寮住まい出来て経済的負担が最も少ない広島ユースに入り
休日でも友人と遊びに行かず、寮に残ってトップチームのビデオを見て研究し
プロ契約してから現在まで欠かさすことなく母親に仕送りをし続け
弟の大学の学費まで全額負担し
性格は純朴そのもので、森崎和幸曰く「今時珍しい生き物」で
左膝前十字靭帯損傷の療養中にエコノミークラス症候群にかかり
生命の危機に陥ったが、不屈の闘志で復活し、アテネ五輪代表に選出され
アテネ五輪ガーナ戦で鎖骨骨折、一ヵ月後ブドウ膜炎まで発症し失明の危機もあったが
それすら乗り越えて日本代表になった。

そんなドコにでもいるプレーヤー、それが駒野。



今大会ではかなり攻撃力が上がって頼もしさすら感じますね
ペンギン命

takutsubu

ここでもつぶやき
バックナンバー長いよ。
リンク用
かんたんアクセス
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ