たくろふのつぶやき

あ、袋いいです。

2007年05月

予言的中?

政治とカネ―踏みにじられた倫理綱領
(2007年5月24日 朝日新聞社説)


「われわれは、政治倫理に反する事実があるとの疑惑をもたれた場合には、みずから真摯(しんし)な態度をもって疑惑を解明し、その責任を明らかにするよう努めなければならない」

 国会で議決された政治倫理綱領の一節である。田中元首相が有罪判決を受けたロッキード事件を受けて、85年につくられた。政治への国民の信頼を取り戻すため、倫理問題をめぐる政治家の説明責任を明確にした。国会規則と同様の拘束力を持つとされている。

 当時、松岡農水相と安倍首相はまだ国会議員になっていない。だからこの規定は知らぬ、とはいかない。

 衆院予算委員会で政治資金問題に関する集中審議が行われた。最大の焦点は松岡氏の「ナントカ還元水」疑惑だった。

 家賃も電気代もタダの議員会館に事務所を置きながら、なぜ数千万円もの事務所費や光熱水費を政治資金の収支報告書に計上したのか。野党の質問に対し、松岡氏は「法律に定められた通り処理している」と言い続けた。

 そんな松岡氏を、ひたすら首相がかばったのもこれまで通りだった。

 民主党の岡田克也元代表に「首相は松岡氏が説明責任を果たしていると思うか」と何度も迫られたが、「法律の求めに従って説明を果たしたと私は理解している」と繰り返すばかりだった。

 こうした態度は、明らかに政治倫理綱領を踏みにじるものだ。

 集中審議で首相は、民主党の小沢代表の秘書寮の建設費問題を指摘した。国民の疑惑を招いているのは松岡氏だけじゃない、と言いたかったようだ。

 だが、少なくとも小沢氏は自ら進んで関係書類や領収書を記者団に公開し、説明責任を果たそうとした。なお疑問が残るというのなら、さらに追及すればいい。ただ、小沢氏は政治倫理綱領の精神に沿って行動したとはいえる。松岡氏の態度とはそこが大きく違うのだ。

 首相は、資金管理団体の1件5万円以上の経常経費について領収書の添付を義務づけるよう、今国会で政治資金規正法を改正すると強調し、こう述べた。

 「これからやるべきことは指摘、批判にこたえて法律を整えていくことだ。それが責任の果たし方なのではないか」

 首相はまだ問題の核心が分かっていないようだ。「やるべきこと」は最初からはっきりしているではないか。松岡氏の首に縄をつけてでもきちんと説明させることなのだ。

 国民が望んでいるのは、松岡氏の事務所費や光熱水費がまっとうな内容だったのかどうかの説明だ。そこをほおかぶりしたまま、法律を改正しますというのは問題のすりかえである。

 「ざる法」と呼ばれる規正法の改正は必要だ。だが、たとえ法改正が実現したとしても、国民への説明責任から逃げ続け、国会の政治倫理綱領を踏みにじった事実は消えない。




非常に後味が悪い事件でちっとも同情する気が起きない

面接

742 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/05/28(月)
とある証券会社コース別採用面接にて

面「志望動機は?」
俺「御社に対する志望動機でしょうか?それともIBコースへの志望動機でしょうか?」
面「ん?ああどっちでもいいよ」
俺「では御社への志望動機となぜ私がIBコースを選んだかですが・・・
カクカクシカジカ・・・」
面「ふーん・・・趣味は?」
俺「水泳です」
面「なんで?」
俺「泳いでるときは何も考えずにストレス解消になります」
面「へぇ・・・趣味がストレス解消って変な話だね」
俺「そ、そうでしょうか」
面「まあいいや。君って何か特別なこと出来る?」
俺「えーっと・・・すいません、思い浮かびません」
面「じゃあ終了。何か質問ある?」
俺「あなたは誰に対してもそういう態度なんですか?」
面「は?」
俺「僕の人生が懸かってるかもしれないんです。
その覚悟で僕は望んでいるのにあなたの態度はなんですか?
逆にあなたは何か特別なこと出来るんですか?」
面「・・・」
俺「僕はこの面接で落とされるんでしょうから最後に言わせて頂きます。
はっきり言ってあなたの態度は非常に不快です。
もうすでに他の証券会社から内定を頂いておりますので、
そちらでがんばることにします。そしていずれあなたの僕に
対する態度を後悔させてみせます。では」


なぜか内定もらえた



漢だ。

栃木県警

栃木県警のWebサイトのサイトポリシー


当サイトに掲載されている文章、写真、動画、イラスト等(以下「コンテンツ」といいます。)の著作権は、栃木県警察にあります。これらの情報は、著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません
 また、著作権者の許諾なく、コンテンツを翻案、公衆送信等いかなる目的、態様においても利用することはできません。



あ、やべぇ、引用しちゃった。



当サイトへリンクされる場合は、リンク元のサイトの運営主体、リンクの目的及びリンク元のページのURLを事前にご連絡ください。無断リンクは禁止とします
 また、当サイトからリンクしているサイトの内容に関して、栃木県警察はいかなる責任も負いません。
 リンク先サイトの内容に関するお問い合わせはそれぞれのサイト管理者へお願いします。



あ、やべぇ、リンク張っちゃった。



タイーホされちゃうかなぁ。



県警のWebサーバーがとんでもなく貧弱で、ちょっとアクセスが集中するだけで簡単にダウンする。セキュリティー対策も充分ではないので、簡単にハッキングできる。 要するに技術不足。・・・ていう理由じゃあるまいな。



まさかね。いまどき大学院生でも管理できる程度のことだし。



なんのためのWebサイトなんだろうか。

口三味線

はてなクエスチョン


yasyas  登録:2007-05-27 22:21:37

どうしても聞きたいピアノの曲があるのですが、どうしても名前がわかりません。
今から文字で曲を書きますので、誰の曲か教えていただけませんでしょうか。

「タラララン ララ ランララ ララララン
 タララン ラン ラン ラン ラン」です…

多分ピアノソロで、ちょっと切ない感じの静かな曲です。
おそらくですが、そんなに古い曲じゃないと思います。

視聴できるURLをご紹介いただけると大変たすかります。


3 回答者:kousyou 2007-05-27 23:19:22

ジョージ・ウィンストンの"Longing/Love"(あこがれ/愛)ではないでしょうか?
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20000501
こちらから試聴できます。


質問者:yasyas 2007-05-27 23:39:15

こっ、こっ、これです!!!
すごいですね!!!
こんなヒントで本当にすいませんでした!
ありがとうございます!!



"All the Seasons of George Winston"を勧めてる時点で素人だな。
これに収録されてるのはカットされたやつだ。
オリジナルのフルヴァージョンなら"Autumn"だろうが。



ライブで聞くとまったく編曲が違くてびっくりしました。

受胎告知

日本にもうすぐ帰国するので、「どこ行って遊ぼうかなぁ」といろいろ調べてたら、東京国立博物館で6月17日までレオナルド・ダ・ヴィンチの『受胎告知』を展示してるらしい。



4dca011b.jpg




文句なく、人類の文化遺産のひとつだと思う。
たとえ単品展示でも見に行く価値はある。


中世の絵画はだいたい神話か聖書を題材としているので、それらの話が分かってないと、実際に絵を見てもあまりピンと来ない。そのなかでも、「受胎告知」(Annunciation)は話が分かりやすい分、聖書を全く知らない人でも鑑賞しやすいテーマだろう。

なにせ、処女の女の子の前にいきなり天使が現れて「あんた、妊娠してるよ」と告げるのだ。そりゃ仰天するだろう。天使がどういう態度で告知してるのか、それを聞いた聖母マリアがどういうリアクションをとるのか、が受胎告知の見所だろう。

かようにドラマチックな場面なので、受胎告知は古くから多くの画家が題材としている。数多の受胎告知の絵を覚えておくコツは、天使とマリアのそれぞれに、なんかセリフを言わせてみることだ。その印象が絵の印象となって思い出しやすくなる。



4dca011b.jpg


「おたく、妊娠してますな」
「邪魔だからあっち行って」




じつは個人的には、ダ・ヴィンチの『受胎告知』は、宗教画としての威力はあまり無いと思う。なんというか、写実的すぎる。聖書の世界を描くにしては、現実味がありすぎる。

この絵が美術史上に果たした役割は、体系化した方法論としての遠近法をはじめて実践したことだ。美術の教科書で遠近法の題材として載せている本もある。今でこそ小学生でも知ってる技法だが、当時は革命的と言えるほど画期的なものだった。まだ僕はこの絵を実際に見たことはないが、実際にこの絵をじーっと見てると、絵が3次元のように浮かび上がってくるように見えるほど、遠近感が感じられるらしい。

基本的なスピリットとして、ダ・ヴィンチは科学者だと思う。きっと絵画を描く時も、彼は2次元の平面上に3次元世界を構築することを目的としていたのではあるまいか。遠近法は、その試みの末に辿り着いた方法論だと思う。

ダ・ヴィンチの業績は数知れないが、そのほどんどの目的は「純粋な現実世界をありのままに把握する」ということに向けられていると思う。だからこそ、人間を精確に描くために夜な夜な墓場を暴いて死体を解剖するなどという、とんでないことをしでかすのだろう。

そしてその姿勢は、宗教画を描く態度ではない。僕はダ・ヴィンチの「受胎告知」を見ると、どこかの庭師と有閑マダムが無駄話をしているいように見える。あまりにも描写が現実的過ぎて、聖なる世界の聖なる出来事を描いているようには見えない。ダ・ヴィンチは現実描写の腕前が凄過ぎて、宗教画を描くには向いていないのではないかと思う。

ダ・ヴィンチのことだから、天使の翼ひとつとっても、実際に鳥の翼を丹念に観察して、忠実に描いたのだろう。その結果、翼がやたらとリアルになり過ぎて、鳥のコスプレにしか見えない。宗教画は小説に似てる。世の中や事実を忠実に再現する必要はない。架空の世界であっても、その世界を違和感なく創り上げるのが腕の見せ所だろう。その辺が、現実世界の把握に心血を注ぎすぎたダ・ヴィンチの限界だと思う。

しかし芸術というのは、頭で仕入れた知識と、実際に目の当たりにするのでは、天地ほどの差がある。「つまらん絵だな」と思っていた絵でも、実物を見ると圧倒される、ということが往々にしてあり得る。どうもこの絵は、そういう類いの絵ではないかという期待がある。幸いに夏休みの帰国が展覧期間に間に合うので、ちょいと見てこようかと思っている。



えー、ちなみに、他の『受胎告知』としましては



エル・グレコ(ブタペスト美術館)
f17a7e75.jpg


「妊娠じゃあ!天罰じゃあ!」
「そ、そんな・・・なんで私が・・・」



ボッティチェリ(Galleria degli Uffizi, Florence)
b722dff9.jpg


「いや本当ですって。マジ妊娠してまっせ」
「いやーん、どうしましょうー」



ラファエロ(Pinacoteca, Vatican)
4463d19e.jpg


「ちょっと聞いて聞いて、あのね、あんたね・・・」
「うるさいわねぇ。何なのよ一体」



フラ・アンジェリコ(プラド美術館、マドリッド)
d74264da.jpg


「申し上げましょう」
「承りましょう」



デル・サルト(Galleria Palatina, Florence)
73db3d75.jpg


「まぁ、そんなわけなんですよ」
「まぁ・・・そうなの・・・」



カラヴァッジョ(Musee des Beaux-Arts, Nancy)
972d7953.jpg


「思い出せ!覚えているはずだ!誰とやったんだ!」
「・・・(えーと、誰の子かしら・・・)」



ムリリョ(プラド美術館、マドリッド)
0555a617.jpg


「いや俺は分かってるって。あんたは悪くない、な?しょうがねえんだよ」
「・・・。」




マリアだけに特化して観るとムリリョが一番萌え度が高いかと。
ペンギン命

takutsubu

ここでもつぶやき
バックナンバー長いよ。
リンク用
かんたんアクセス
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ