たくろふのつぶやき

秋はやきいも ほくほくしてうまし。

2006年05月

脱北→奴隷扱い

9b49ecd8.jpg



脱北難民:中国で「性奴隷」にされた 6人がロスで会見

(毎日新聞 2006年5月24日)


北朝鮮から米国に逃れた脱北難民6人が23日、ロサンゼルスのホテルで記者会見し、中国で「性奴隷」として働かされた実態や北朝鮮の刑務所内での拷問を告発した。  6人は今月5日に渡米した男性2人と女性4人。米国で04年に施行された北朝鮮人権法によって難民認定された初めてのケースで、現在はニュージャージー州で難民プログラムに参加している。北朝鮮に残る肉親が迫害されることを避けるため、帽子とサングラスを着用し、偽名で応答した。

 元教師のハンナさん(36)は12歳の娘に体操服を買えないほど困窮したため、国境を越えて中国に渡った。「(密輸業者に)指定された家でパンを食べたら気を失った。気が付いたら、手足を縛られていた」と証言。その後、別の中国人に奴隷として売られ暴行を受けたという。他の脱北女性と会話すると中国人から、「お前らを殺すのは鶏を殺すのより簡単だ」と脅されたという。

 中国に入ったことがばれると、中国当局によって北朝鮮に強制送還される。その恐怖から、脱北者は中国人からひどい仕打ちを受けても、耐えるしかないのが実態だ。3年間、中国で「性奴隷」にされたというナオミさん(34)は、「中国人は北朝鮮女性を所有物と思っている。自由を与えず、病気で立ち上がれなくなっても放置された」と訴えた。

 一方、チャンミさん(21)は過去に脱北の罪で北朝鮮の刑務所に収容された経験がある。強制労働中に拾ったトウモロコシを食べようとして拷問され、指を折られたといい、「金正日(キムジョンイル)総書記が死ねば、北朝鮮の人は自由になれる」と話した。

 手助けしたトゥリハナ宣教会のチョン・ギウォン代表は、中国政府に脱北者を保護し、難民として他国に出国させるよう要求している。チョン代表は「日本を含め、すべての国が脱北者を難民として受け入れてほしい」と話した。



脱北者を受け入れると、それだけ工作員が入り込みやすくなって、また日本中から行方不明者が続出しますね。

しかし両方とも凄い国だなぁ。世界規模の革命を謳う国ってのは偉い人のための国であって、一般庶民は絞られ毟られ、とことん犠牲になるしかないんですね。地獄から地獄に逃げたようなもんかな。



いくら経済支援しても金をドブに捨てるようなもんでしょう

冷やし飯

044b7f13.jpg



園児が「冷やし飯」体験

(asahi.com マイタウン熊本)


玉名市天水町尾田の「尾田の丸池」で24日、近くの小天保育園の年長組の園児18人が、地区に伝わる「冷やし飯」を体験した=写真。

  「冷やし飯」は、ご飯をざるに入れて冷水で洗い、たくあん、らっきょうなどをおかずに食べる。尾田北区長の清田勝行さん(64)は「夏の食欲がない時などに最適。昔はよく食べた」。園児の中には「おいしい」とおかわりをする子も。

  尾田の丸池は、水温約13度で清水がこんこんとわき出し、85年に「くまもと名水100選」に選ばれている。



これを掲載したのはもちろん写真左の若干猪木な女の子の表情に惚れたからであります。



いっぱいたべるといいよ

たしかに。

659 ◆DQN.BOMcLA sage New! 2006/02/13(月) 06:11:25
これが日本人だ
●とんがりコーンを指にはめる
●バームクーヘンをはがす
●扇風機の前であーーーって言う
●ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる
●全校生徒の前でバンド演奏という妄想
●自分の写メを何度も撮って、自分が一番かっこよく写る角度を研究する
●歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる
●焼きそばを作るつもりがラーメンになる
●自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルがひざの裏にヒットする
●向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる
●鏡をみて、「俺イケメンかも」とか思うけど、それは光や角度の問題で町の外でふとガラスに映った自分を見て落ち込む
●自分の声を録音して聞いて、死にたくなる
●街中で考え事してたら、他の人に聞かれてんじゃと思い「聞いてんだろ?」と、意味不明なテレパシーを送る
●部屋の電気のひもを使ってボクシング



それなんて俺?

動物園メニュー

上野動物園でパンダとゴリラ用の体験メニューをいただいてみる
(Daily Portal Z)


思ったよりもおいしい模様。



でも僕はカツカレーのほうがいいな

罵声

中谷美紀 バ声監督と“涙の和解”


女優・中谷美紀(30)が27日、都内で行った主演映画「嫌われ松子の一生」の公開初日舞台あいさつで、中島哲也監督(46)と“涙の和解”を果たした。撮影では中島監督に毎日、「下手くそ!女優辞めろ」と罵倒(ばとう)され、中谷は降板まで決意とか。その悔しい思いを赤裸々につづった「嫌われ松子の一年」という撮影日誌が発売されるほどだった。



悪い言葉を安易に口にする人は心まで悪くなると思う。「そういう罵声で奮起を促しているつもり」とか何とか言い分はあるんだろうけど、そういう人格を貶めるような言葉でしか人を動かせないような手合いは、監督手腕云々以前に、人としてどうかと思う。



いったい何様だからそんなこと言えるんだろう
ペンギン命

takutsubu

ここでもつぶやき
バックナンバー長いよ。
リンク用
かんたんアクセス
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ