たくろふのつぶやき

毎日がエブリデイ。

2005年03月

キルギス政変

キルギス政権崩壊 露も民主化の軌道に戻れ
(2005年3月26日 産経新聞社説)
[キルギス政変]「民主化ドミノが及んだ結果か」
(2005年3月26日 読売新聞社説)
キルギス政変 長期独裁で民心が離れた
(2005年3月26日 毎日新聞社説)


どこかの国の単なる政権交替と思っている人が多いだろうが、世界史的に重要なことが起きていると思う。

要するに、旧ソ連支配国のひとつがまた民主化したという話だ。キルギスでソ連時代の中央集権体制が崩壊し、民衆運動によって民主化が実現した。

時代の流れなのだろう。2年前のグルジア、去年話題になったウクライナに続いて3つめの政権交替だ。政権交替に伴う混乱を考えると、革命と呼んでいい政変だと思う。


ところで、我々はなんのために歴史を学ぶのだろうか。


いま自分が生きている時代は、どういう時代を辿って成立しているものなのか。過去の歴史を理解することは、未来への指針を与えてくれる。人間は現状の一点のピンポイントの視点だけでは未来を志向することはできない。過去を知り、現在に至る大きな流れを知ることで、正しい流れでの未来のあり方を知ることができる。

その他に、歴史は単純に「人間っていうのは、どういうものなのだろう」ということを知る大きな助けになる。いかな古代から綿々と続く歴史とて、しょせん人間の行なってきたことなのだ。教科書の太字で紹介される偉人たちだって、同時代の人にとってはただの人だった。

ロシア革命以来、共産主義国家の建築とその推移を辿ってみると、人間の本質というのは要するに「自分さえ良ければいい」「貧乏よりも金持ちになりたい」「他人よりも優れたい」「自分の利権は絶対に確保したい」ということに落ち着くのではあるまいか、という気がする。

理念としては共産主義国家は国民すべてが全く平等であり、すべての人々の経済状況は等しいことになるはずだ。労働者はすべて国に奉仕する公務員で、政治を行なう者は労働者の代表に過ぎない。

しかし実際は、共産主義国家のほとんどは政権が独裁的に権力者に握られる。理念としてはすばらしいものではあるはずの共産主義は、「そもそも人間とは得をしたい動物で、他人よりも優れたい性質をもつものだ」という本質的な人間の情を無視して理想に走った、非現実的なきれいごとに成り下がってる。

思うに、民主主義国家のほうが、自分勝手な人間の性質を抑制できるように機能していると思う。日本やアメリカのような国においては、特定の一族が15年にもわたって政権を独占するということはそもそも不可能だ。自分勝手で、自分だけが得をしたい人間の本質は、一見奔放に見える民主主義でこそ厳しく制限されている。

本当は国民がすべて等しい立場であることを謳っている共産主義国家でこそ、そういう腐敗した体制が可能であることは、建前と現実がきれいに逆になっていて面白い。共産主義が弾劾するところの「民主主義における特定の資本家による富の独占」云々よりも、共産主義内部における「特定の一族による政治権力、経済力の独占」のほうが、より深刻な問題だろう。

今回のキルギスの政変は、いかに最初は潔癖高潔な政治指導者でも、権力の座に長く居すぎるとしょせん人間の本性が出てくるということを示している。独裁権力が可能な政治形態だからこそ、「自分さえ良ければいい」という本性が遺憾なく発揮されてしまうのだろう。1989年に処刑された旧ルーマニア独裁者のチャウシェスクだって、政権樹立当時はソ連に対して断固とした態度の独自路線をとる指導者として評判が高かった。1984年のロサンゼルスオリンピックではソ連の影響下で東ヨーロッパ諸国が相次いでボイコットしたが、ソ連を無視してただ1カ国だけ参加したのがルーマニアだった。

独裁権力が可能な政治形態は、その座についた人間の腐敗を招くのだろう。人間は本来、権力と富を求めるもので、それが可能な環境にあれば遠慮なく欲求を追求してしまうのだろう。権力も富も手に入れることが可能でありながら、きれいごとの政治形態に殉じてストイックな生活を送るというのは、どうやら人間にはありえないらしい。そういう例がまたひとつ増えた。

そんな歴史的視点はさておき、今回のキルギスの政変ではイスラム過激派によるテロの波及が一番の脅威になると思う。産経の社説がその部分に敏感に反応している。地理的にもヨーロッパ、アジア、イスラム圏のちょうど中心に位置しているだけに、政変がテロに及ぼす影響がもっとも最重要課題になるだろう。

毎日だけが指摘していることだが、今回の政変があまり大げさに報道されていないのは、アメリカ、中国、ロシアの各国が内政干渉をせず経過を冷静に見守ったからだ。さすがに各国とも3回めともなると対応に馴れるか。



まずは治安の安定を

日本経済の現状

La leçon japonaise
(Le Figaro, Débats & Opinions - Éditorial. 2005年3月26日)

(参考)「日本に学べ」と社説掲載 フランス・フィガロ誌


【パリ26日時事】
26日付のフランスの保守系フィガロ紙は、シラク大統領の訪日に合わせ、「日本の教訓」と題する社説を掲げ、日本経済がバブル崩壊から脱して一定の成長軌道に乗ったことに学ぶべきだと述べた。仏紙が日本経済を手放しで評価するのは珍しい。

 この中で同紙は、ライブドアのニッポン放送買収問題を、硬直的だった民間経済の変化の象徴として取り上げるとともに、日本の完全失業率が4.5%にとどまっていることや終身雇用制の崩壊などを高く評価。「日本の労働市場は仏独よりずっと柔軟だ」としている。




たしかに世界中の新聞を読んでみても、こんな現象、いま日本でしか起きていない。
日本ではいまだに不景気ムードかもしれないけど、世界の趨勢と比較すると頭を抱えるほどでもないのかも。
僕のイメージでは、フィガロ誌はガチガチの保守系で、かなり日本嫌いだと思います。



物事にはすべて表裏の面がある

140キロの始球式

ロッテ戦始球式で140キロ豪速球を投げ込む村田兆治


「評論家だからこそ実際にやって見せて証明しなきゃ駄目だ」


140キロを放る評論家がどこにいますか。
この人は本当の漢だと思います。まさしく鬼。



名球会の野球大会だったら誰も打てないと思うぞ
続きを読む

カレーライスでございます

fa02e309.jpg




貴様の主義主張は後で聞く。ふつうの持ってこい。

全体像による情報処理

人の顔をみて、「あ、○○くんだ」と認識する。

毎日行なっている行為だが、実はこの対象認識の際には、膨大な量の情報処理が脳の中で行なわれているそうだ。

たとえば、人の顔をみて、「○○くん」と認識する。人の顔の特徴はそれぞれの部分の特徴をくみあわせたものだ。目は切れ長か縦に広いか。眉はどのくらいの長さでどのくらいの太さか。鼻は高いか低いか。顔の輪郭はどういう形か。唇の形は。髪形は。こういった細かい情報の集積が、人の特徴だとしよう。

人間は友達の顔をみるとすぐにそれと分るが、たとえばコンピューターにそういう情報を入力して、人を識別できるシステムを作るとする。するとシステムがミスなく正しく人を見分けることが出来るようになるまでには、ものすごい膨大な量のデータを入力しなくてはならないらしい。

人間の脳は、こうした細部の情報をすべて一瞬のうちに演算し、「あ○○くんだ」と識別することができる。この演算速度はどんなスーパーコンピューターでも追い付くことができない。

さらに、人間の脳は情報の質が多少変化しても対応できる柔軟性がある。人間の顔はいつも同じなわけではない。化粧のしかたが違ってたり、夜遊びしすぎで目がすこし腫れていたり、髪型が変わってたり、細部にわたってよく見てみると、毎日精確に同じ顔をしている人はいない。

もしコンピューターが人間の顔を認識しようとすると、これは大問題になる。昨日の目の大きさと今日の目の大きさが違うだけで、別人と判断されてしまうのだ。しかし人間の脳は、そういう細部を統合して、許容できる差異を計算に入れた上で本人か別人かを判断できる。「目が少し腫れてるので○○ちゃんではない」ではなく、「○○ちゃん今日はすこし目が腫れてるね」というのは、人間だから可能な認識のしかたなのだ。


本居宣長は『玉勝間』というエッセイのなかでこの認識のしかたについて触れている。


「すべての物の色、形、また事の心を言ひ諭すに、いかに詳しく言ひても、なほ定かにさとりがたきこと、常にあるわざなり。そは、その同じ類ひの物をあげて、その色に同じきぞ、何の形のごとくなるぞ、と言へば、言多からで、よくわかるるものなり」


要するに、ある色彩を人に説明しようとするときに、「うーん、緑が3、青が7くらいを混ぜ合わせたような色」などというよりは、「アイスクリームのミントチョコレートみたいな色」と言った方がわかりやすい。形を言うときに、「真ん中が円で、まわりに中心円の半径3分の1程度の長さの弧でつくった小さい水滴形がいっぱいくっついている形」というよりは、「ひまわりの花のような形」といったほうがわかりやすい。

人の顔について説明するときも、「目は大きくて、鼻は低め、頬が少しくぼんでて、顔の形は細面で・・・」などと細かい部品を並べて説明するよりは、誰か共通認識にのぼる例をあげて「トム・クルーズみたいな顔」とか「ELTのギターの人みたいな顔」と言った方が、はっきりとしたイメージをもちやすい。

新約聖書にはたとえ話が多く出てくる。おそらくイエスは人の生き方を説くときに、このことをよく分っていたのではないか。原理原則に基づくきっちりとした説明の仕方よりも、日常のわかりやすい場面に即した説明のほうが、下々にはわかりやすい。

哲学が難解な理由のひとつは、おおまかなたとえ話が御法度で、厳密に概念のひとつひとつを定義しなければならないことだ。「キムタクみたいな顔」と言えば分るところを、「目はこうこう、耳はこうこう、口はこんなで、輪郭はこんなで・・・」と、いちいち正確に記述しなければならない。「・・・みたいな」という曖昧な物言いは許されない。だから弁証法を説明するときにも「即自が対自との対立構造を形成することにより、それらが高い次元で結合し止揚をもたらす」なんて言わなければならない。「矛盾するふたつのものがぶつかったら、わけのわからない結果が起きることがあるよ」と言われた方が、正確ではないにしてもおおまかなイメージがつかみやすい。しかし哲学の目的は「おおまかに理解すること」ではなく「明晰に思考し厳密に定義すること」なのだから、これはもう仕方がない。

正確であることと、人が理解しやすいということは、別物なのだろう。
聞いてる人が疲れないような説明のしかたのコツは、細部の正確さを多少犠牲にしてもまずおおまかな全体図を与えることにあるみたい。何かを説明するときには、説明する対象となる事象の性質だけではなく、聞き手である「ひと」の理解の仕方を考慮する必要があることなのだろう。そういう見方で読み返すと、たしかに『玉勝間』は読みやすい随筆だ。



いったん全体像を掴んだら細部は微調整しやすいけど逆は真ならず
ペンギン命

takutsubu

ここでもつぶやき
バックナンバー長いよ。
リンク用
かんたんアクセス
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ