「ヤマト福祉財団「東日本大震災 生活・産業基盤復興再生募金」について」


クロネコヤマトでお馴染みのヤマト運輸が、震災後1年間行なった復興援助事業の使途明細。
「宅急便1個につき10円を被災地に寄付」というキャンペーンを行い、総額は約142億円にも達した。単にカネを送るだけでなく、どのような面の援助にいくら使途したのか、厳密に記録し公表している。



政府の復興予算公示も少しは見習え