最近、更新頻度ががくっと落ちているたくつぶですが。
読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。


よく就職して仕事をすると忙しくなる、なんてことを申しますが、まったくですな。
ここのところたくつぶの更新ができなくなっているのも、要するに仕事が忙しくなったからなんですけどね。趣味よりとりあえず仕事優先。

仕事が急激に忙しくなったのは、大学で学生さんの面倒をみる時間が急激に増えたのが理由のひとつです。
僕はいつもたくつぶは家で書きます。大学での仕事中には書きません。ところが最近、仕事を家に持ち帰ることが増えました。大学で授業がない空き時間には、だいたいゼミ生やインターン生がアポを入れてきます。個人研究のディスカッションや個人的な相談など、予約を入れて面会に来る学生さんが多くなっています。
僕は基本的に、どんなに忙しくても学生さんのアポは断りません。ひとつには僕がそういう教育を受けてきた、ということもありますが、なによりも僕は学生さんと1対1できちんと相手をするのが指導教員の仕事だと思っています。

そうすると、いままで大学の空き時間に行っていた様々な事務仕事ができなくなってしまうわけです。そうなると、仕事を家に持ち帰ることになります。それでたくつぶの更新ができなくなる、とまぁ、そういう循環ですね。

たくつぶの昔の記事を読んでみると、まぁ昔の僕はヒマでしたな。特にアメリカの大学院時代の頃を見返してみると、期末論文や学会発表など忙しいはずだった時期でも、物凄い量の記事を書いてますね。

僕はいま、大学で学生に「研究テーマというのは、日常にとても近いところにあるものだ」なんてことを言ってますが、この頃の僕はそれがものすごく柔軟にできていたような気がします。昔のたくつぶの記事を読み返すと、日常生活の中で興味をもったことを貪欲に書いてますね。小さいことでも長い記事が書けてたんだなぁ。
就職して仕事に就いて、毎日が課題と義務の毎日になってしまって、僕のほうが変わってしまったのかもしれませんね。感性が固くなってしまったのか、ものに感動する心が錆びてきてしまっているのかもしれません。

まぁ、僕の研究室には毎日学生さんが訪れますので、たくつぶのネタには欠きません。おもしろい学生さんがたくさんいますから。もうちょっと気持ちにゆとりをもって、学生の頃の心のやわらかさを取り戻してみるべきですかね。



趣味に割いている時間も少なくなったしなぁ