213 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/05/23(土)
整形外科に通院してるんだが、そこはじーちゃん先生と新米の孫?先生がやっている。
じーちゃん先生はもう半分引退であまり出てこない。

隣の診察室で階段から落ちたという幼稚園くらいの男の子が大泣きしてた。
新米先生がぶつけたところを診ようとするんだけど、触れただけで泣き声が
大きくなるくらいに男の子パニック。

そこに出てきたじーちゃん先生、新米先生を引き下がらせて、
男の子に声をかけながら落ち着くのを待っている。
ようやく泣き声が落ち着いてきて、
じーちゃん先生名前を聞いたり、おうちのことを聞いたりしながら
男の子に幼稚園で習ったお遊戯とかを
「やってみて、やってみて」とせがみ、男の子がやってみせると
思い切りほめていた。

その後「こーんなことできるかなー?」とか言いながら
じーちゃん先生がジャンプしたり、バンザイしたりしてるシルエットが
見えて、男の子がとくいげにやってみせてるのも見えた。

あー、そうやって動かさせて、痛みや骨折がないか調べてるんだなーと
やっとわかった。
じーちゃん先生の熟練の手腕にかなり和んだ。



悩み相談に来る学生に対する対処法の奥義と言っても過言ではない