Warming Up Before Exercise May Hone the Mind, but Not the Body
(運動前のストレッチやウォームアップには肉体的なメリットが無い)



『The New York Times』に、一流のスポーツ選手やアスリートに「長時間の運動や定期的な練習の前に、ストレッチやフォームアップをするか?」と尋ねたところ、いろいろな回答が寄せられたそうです。

ある世界記録保持者のマラソン選手は、ランニングよりも大会の前の方が、ウォームアップに時間をかけると言いました。あるオリンピックの水泳選手は、どんなレースの前でもほとんどウォームアップはしないと言いました。

ある程度の時間筋肉を伸縮させた後の方が、効果的に筋肉を伸縮させることができるため、定期的に時間を掛けてウォームアップをした方がいいという説は、根拠が乏しいので過信しない方がいいと、医者は言います。

運動前のストレッチやウォームアップは絶対に必要であるという、合意の得られた研究結果は十分にはありません。結局は、そうすることで肉体的にではなく、精神的に得られるメリットの方が大きいのではないかと考えられています。

ペンシルバニアのブルームズバーグ大学のAndrea Fradkin博士は、ゴルファーに関する研究の中で、繰り返しスウィングの練習をするウォームアップや簡単なエクササイズは、ゴルフファーの精神状態を安定させて、より良いパフォーマンスを引き出すと書いています。しかし同時に、その結果がすべてのスポーツに当てはまるとは限らないとのこと。

結局のところ、ウォームアップを繰り返すことで精神的に楽になるのであれば、あえて止めることはないでしょう。しかし、ウォームアップの時間が無駄だと感じている場合は、飛ばしてしまってもいいかもしれません。スポーツや競技のパフォーマンスには精神状態が大きく影響するので、自分が楽な方を選んでみてはいかがでしょうか。




じゃあ真冬の超寒冷期にノーアップで全力疾走してみろよ。



筆者がスポーツ経験のないやつであることは明らか。
Warming Up Before Exercise May Hone the Mind, but Not the Body