きのうの記事の時計をつけて大学で講義をしたんですが、とても時間が分かりにくいということが分かりました。
学生笑ってるし。
昨日の講義は全体的に不調で、雑談めいた話で終わってしまいました。
よし、時計のせいということにしよう。


海外インターンに行った学生さんたちと飲んだんですよ。
現地でどんな授業をしてきたとか、どんな失敗をしちゃったかとか、そんなことはどうでもよく、インターンの学生の誰が誰と付き合ってるかという重大な問題についていろいろと新たな知見を得ました。
みなさんちゃんと人生を攻めていらっしゃる。

学生さんからのびっくりプレゼントをもらいました。
インターン派遣先の各国の、地元のコーヒー豆。
きっと僕が研究室でいつもコーヒーを飲んでるからだと思います。

それと



色紙


色紙。 




ヽ(=´▽`=)ノ




こういうことがあると、教師っていう仕事もいいなぁって思います。
おかげで向こう一年間、気合充実で仕事ができそうです。



飲み過ぎて少々あたまいたいぞ。