ばかソフトバンク





ソフトバンク 神内 ベンチ破壊で修理代7万円



ソフトバンクは15日、14日のオリックス5回戦(京セラドーム)での降板後、グラブを投げつけたり、ベンチの背もたれを蹴るなどした神内靖投手(26)の行為に対し、異例の謝罪文を公表した。  

文書では「トップアスリートと言われるプロ野球選手としてのみならず、社会人としてもふさわしくない、恥ずべき行為」と糾弾。球団としては今回の同投手の行為を重大に受け止めての異例の謝罪で、同投手を厳重注意処分とし、ベンチの破損部分の修理代金7万円を請求する。  

神内は球団広報を通じ「自分のピッチングのふがいなさにいら立ちを抑えることができず、ついあのような行為をしてしまい、本当に反省しています」とコメントした。




一方、そういう事態に常に対応する必要のあるチームは




よこはま




横浜、八つ当たりサンドバッグ登場


横浜は29日、30日からの本拠地開幕、巨人3連戦を前に横浜スタジアム一塁側ベンチ裏に、憂さ晴らし用のサンドバッグを設置した。長さ2メートル20のボクシング用でお値段は2万5000円の代物だ。  

ミスを犯した選手がロッカーのドアなどへの八つ当たりを防ぐためだが、選手たちには好評だ。村田が「あの選手は、ロッカーを破壊してましたからね」という視線の先には、昨季の巨人戦で打率・200に終わった内川。「(悔しさを)瞬間だけでも忘れさせてくれれば」と、自虐的に?サンドバッグを相棒と認めた。発案者の島田ヘッドコーチは「物を壊すよりいい」と説明。ストレス発散しながら試合に挑めば、巨人戦もコワくない!?




てゆーか八つ当たりしない人間性を育てろよ