東京工芸大学で講師がボイコット!「このクラスではもう授業出来ない」


ゲームクリエイターであり、東京工芸大学の講師でもある飯田和敏氏。代表作として『アクアノートの休日』(プレイステーション)、『太陽のしっぽ』(プレイステーション)、『巨人のドシン』(64DD)、『ディシプリン』(Wiiウェア)などを世に出してきた飯田氏は、知る人ぞ知る天才ゲームクリエイターなのだ。

飯田氏は温厚な性格をしていつつも、内に秘める情熱はマグマのように熱いことで知られている。そんな飯田氏が、東京工芸大学の授業中にブチギレしたという。東京工芸大学には授業を無期限で中止すると伝えたようだ。

飯田氏がブチギレした経緯の詳細は不明だが、「眠いのは生理だ。ある程度は仕方がないと容認してきた。ただ昨日の件があり僕はもう厚木(東京工芸大学)には行くことが出来なくなった。意欲がある学生には申し訳ないが僕にも生理がある。僕はもう挫けた。どうするべきか自分で考え行動してくれ。それを最後の課題とする」と『Twitter』でコメントしていることから、学生が授業中に睡眠していたために激怒したと思われる(ほかにも理由はあると思われるが)。

しかも飯田氏は「学校には授業を無期限で中止する旨を伝えた。当然単位も出せない。次は君たちのターンだ。なんとかしてみろ。ゲームだと思ってやってごらん」と学生たちに『Twitter』で宣戦布告。「目の前に人間がいるってことがわからないみたい。動画として鑑賞されているような距離感。つらい」とも語っており、激怒しているというよりも精神的に厳しい状況に陥った可能性がある。

はたして、学生たちは飯田氏からの “最後の課題” を最後までやり遂げることができるだろうか? 学生の熱意がどれほどのものなのか? 生徒たちの攻撃ターンで飯田氏を倒せるのかどうか注目していきたい。




楽な商売だな怒



そんなものを「情熱」などと呼ばないでほしい。
何が「次は君たちのターン」だゲームやってんじゃねぇんだぞ
学生が寝てるくらいで挫けるなら、とっとと辞めろ。
順番待ちしてる人材は掃いて棄てるほどいるんだ。



学生時代、どういう授業が眠たくなってたか覚えてないのだろう