0点だった!教員汚職事件で不正合格の元参事長女


大分の教員汚職事件で、元大分県教育委員会義務教育課参事江藤勝由被告(52)が不正に加点したとされる元同課参事矢野哲郎被告(52)の長女(23)=辞職=の採用試験をめぐり、実際には0点だったにもかかわらず20数点が加算された課目があったことが29日、大分県警の調べなどで分かった。  

県警の調べや関係者の話によると、江藤被告は矢野被告の長女が2006年に受験した小学校教員採用試験で、2次試験の体育実技が0点だったが、最終的には30点満点の20数点まで加算した。長女は何らかの理由で実技試験を受験しなかったとみられる。  

県警は江藤被告のパソコンのデータを復元、得点の変遷を確認した。  

長女は今月23日付で大分県佐伯市内の小学校を辞職。不正に関しては知らなかったとされる。  

長女の採用では、矢野被告が江藤被告と元教育審議監二宮政人被告(61)にそれぞれ100万円分の商品券を渡したとされる贈賄罪で、江藤、二宮両被告が収賄罪で起訴されている。



もし本当に実技を受験していなかったなら、合格した時点で「何かおかしい」と思うはず。
「自分は不正を知らなかった」という言い訳に全然信憑性が無い。



まさかここまでひどかったとは