博士論文のディフェンスが終わりました。


いやー疲れた。
思ったよりも多くの人達が聞きにきてくれました。
在学中の学生だけじゃなくて、すでに卒業して大学を離れた元学生さんまで駆けつけてくれました。
うれしいなぁ。

いっちょ前にスーツ着てネクタイなんか締めてみましたよ。
日本の大学院と違って、アメリカではネクタイなんて全然締めません。学会発表だってジーンズとTシャツでする有り様です。
僕のスーツ姿なんて初めて見たもんで、みんな面白がって写真を撮ってました。

時間としては40分くらい。全部の内容なんてカバーできるはずもないので、内容の一部を拾いあげて発表します。
主に、従来の先行研究と自分の研究を比較しながらお互いの利点と欠点を比較する感じ。
我ながら無難な発表のしかたですのう。

ディフェンスのあとはシャンパンで乾杯です。
いままで何度も他の学生のディフェンスの後に乾杯したことがありますが、自分のディフェンスのあとの乾杯は別物ですね。おいしかったー。
その後はディナーパーティーです。ディフェンスでおなかがへってしまったもんで、おいしくごはんをいただきました。
いつの間に用意したのか、僕の名前がチョコレートのプレートになってるケーキも出てきました。僕がケーキカットしてみんなに配ります。
いわゆるアメリカの甘々のケーキですが、いままで食べたケーキのなかで一番おいしかった。

パーティーのあとはみんなで飲みに行きました。
大きな仕事を終えて飲むお酒はおいしいですね。
深夜過ぎまで飲んだくれておりました。


これで大学も終わりかぁ。
なんか充実した達成感というか、ちょっとした淋しさというか、卒業のときに味わう、人生の節目を迎える気持ちです。




時差ボケが抜ける間もなく明日帰国します。