425c8ea1.jpg



ボルドウィンが井上怜奈に氷上プロポーズ



フィギュアスケートの全米選手権でペアに出場した井上怜奈が、パートナーのジョン・ボルドウィンから「氷上プロポーズ」を受けた。

2人のホームページによると、競技を終えたボルドウィンがひざまずきながら、井上の両手を握り「僕と結婚してくれますか」と問い掛けた。井上は1度で聞き取れなかったが、2度目の言葉で「はい」と返答し「何が起こったのか分からなかった」と驚いた様子だったという。2人の演技は合計183・17点で2位だった。



ケッ ( ゚д゚)、ペッ


勝負の場所でプロポーズとはなにを考えておるか。
やる気あんのかテメェら
真剣にスケートする気があんのか。



井上怜奈

雪 長野オリンピックのシーズン始め、当時40歳代半ばの父を肺癌により失う。日本代表選考争いにも敗れ、一時はスケートを辞めていた

雪 スケートを再開し、ペアを求めて渡米した後も苦難は続き、レッスン代と生活費捻出の為、土産品店でアルバイトをしていた。充分な衣装代も無く、自身の裁縫による衣装で出場した大会もある。

雪 渡米後、肺癌に罹患するが、幸いにも抗がん剤治療をもって完治する。この治療も入院することなく通院で済ませ、抗がん剤の副作用に耐えながらアルバイトとレッスンを続けたという

雪 通院治療中のあるレッスン中に、誤って落下し頭蓋骨を骨折。一時は意識不明、前歯をほとんどなくなってしまうような大ケガをしてしまう。このケガの後遺症として、心的外傷後ストレス(PTSD)に悩まされ、更には卵巣を片方破裂させて卵巣摘出する事態となり、辛い闘病生活を送っている

雪 井上は終始一貫病気などを一切言い訳にせず、練習・競技に打ち込み、そんな井上を理解し共に競技生活を歩んできたのが、現ペアのボルドウィンである。




申し訳ありませんでした。



どうぞお幸せに。