えー、たくつぶ読者のみなさま
冬休みはいかがお過ごしの予定でしょうか。


日本から彼女が遊びにきています。
今年はあっちこっちに飛び回って遊ぶというよりも、のんびり過ごそうというコンセプトです。

ところで、僕が家を間借りしている家には、ストーブ(いわゆるガスコンロ、電気コンロ)がありません。
つまり、火を通す料理ができません。
家主のじいちゃんが「火事が怖い」という理由だそうです。
使えるのはポットと電子レンジ、オーブントースターくらいです。

まぁ、僕はもともと料理ができませんし、電子レンジだけでも充分生きていけます。
スパゲティだってラーメンだって目玉焼きだって、電子レンジで作れます。
ちなみに家主じいちゃんはレンジでチンする冷凍食品だけで御歳92歳であります。
「冷凍食品や電子レンジ食品は早死にする」というのは大嘘だと思います。


「今回は日本から調味料や食材をもってきたの」

おやおいしそう。でもこの家じゃ料理できないよ

「いや。料理というのは道具ではないのでつよ」

ほほう道具もないのに何を作ってくれると

「今回は肉じゃがを作ります」

あのですね

「なんでつか」

肉じゃがというのはコトコト煮込みますね

「そうでつね」

だからその煮込むという技がこの家ではできないと

「まかせなさい。私に不可能は少ない。」



んで、本当に肉じゃがを作ってくれたんですよ。



炊飯器で。



炊飯器で煮込みするなんて聞いたことねぇ。


570d05c9.jpg

いただきます!



これがまたウマいんですよ 笑い
肉じゃがなんて久しぶりに食べましたよ。
調味料も食材も満足なものがないでしょうに、本当に肉じゃが作っちゃいました。
しかも炊飯器で。

料理の上手な人というのは、完璧な道具や食材で料理が作れる人ではなく、残り物や限られた物だけを使っておいしいものを作れる人なんだそうですね。
しかも料理の上手なオニャノコというのは非常にポイントが高いですね。
うん、我ながらいい彼女をつかまえた。

女子の方々におかれましては、意中の野郎に手料理をごちそうすれば、十中十五くらい
の確率で落とせると思われます。




明日はビーフシチューを作ってくれるそうです