彼女がアメリカまで遊びにきてくれてるんですが


僕の住んでる州は、その、観光地のような大きな都市ではないので、日本からの直行便がありません。だから一回、飛行機の乗り継ぎをしなければなりません。
しかし英語が得意でない人にとっては、外国の空港での乗り継ぎというのは緊張するものなんですね。
僕も最初に渡米したときには乗り過ごさないように緊張したもんです。

彼女はもう何回か遊びに来ているので、乗り継ぎの様子はだいたい分かっています。
しかし、怖いのが、空港の混雑によって入国審査やセキュリティーチェックが遅れ、飛行機を乗り過ごしてしますことです。

そういうときには、空港会社のカウンターに事情を説明し、次の便に入れてもらうように手配しなければなりません。
特に夏休みやクリスマス周辺の繁忙期には、入国審査が長蛇の列になることがあります。
僕も2時間近く足止めをくらった挙句、乗り継ぎに失敗したことがあります。

で、彼女曰く「ムリムリムリ。英語でそんな交渉できない」だそうです。
なもんで、飛行機のチケットを手配するときには、乗り換えの時間が最大限に長くなるような組み合わせを選んでいます。
空港で3時間待ちになっても、乗り継ぎに失敗してパニックになるよりもマシ、だそうです。


で、今回の渡米に関しまして。
乗り継ぎが4時間、という、なんとも間延びした乗り継ぎ予定になってしまいました。

まぁ、いくらクリスマスシーズンで空港が混むといっても、4時間あれば大丈夫でしょう。
僕も乗り継ぎの飛行機の様子をインターネットでチェックしておきます。


そうしたらですね
乗り継ぎの飛行機が、刻一刻と遅れるんですよ。


夕方4時発の予定が、5時になり6時になり、さては7時過ぎになってもまだその飛行機が空港に着かない、という事態になっているようです。
なんでも乗り継ぎの空港周辺が大雨になっており、飛行機が軒並み遅れているんだそうです。



プルルルルルル♪

あい、もしもしー

ヒマなんだけど

うんー、そうねぇ。なんか大変なことになってるねぇ。

「一体、何時になったら飛行機とぶのよー」

うん、俺もネットでチェックしてるけど、なんかもうちょっとかかりそうだねぇ。

「ぶー」

お散歩しなさい。

「ぶー」

空港のイスをうまく使ってお昼寝してなさい

「ぶー」



まぁ、そんな感じでいたわけです。
空港では、乗り継ぎを待つ人達でごった返していたそうです。


結局、飛行機が飛んだのは夜8時過ぎ
4時間以上の遅れだそうです。
なんだかんだで、乗り継ぎの空港に9時間近くいたそうです。


空港に迎えに行ったら、クタクタになってゲートから出てきました。
さっそく部屋に搬送しまして、速攻で寝かせた次第であります。



移動だけで24時間以上かかったみたい