「超音波蚊よけ器」効果なし 公取委が排除命令
(産経新聞)


 「超音波で蚊を寄せ付けない」として売られていた蚊よけ器が実際は効果がなかったとして、公正取引委員会は20日、景品表示法違反(優良誤認)で販売元のオーム電機(東京都豊島区)に排除命令を出した。

 公取委によると、同社は平成10年3月から「超音波蚊よけ器」を、13年3月から「ミニライト付き蚊よけ器」を、全国のホームセンターやドラッグストアなどで販売。「血を吸うメスの蚊が嫌う周波数の音波を発生し、寄せ付けない」などとパッケージに記載していたが、公取委の実験で効果は確認されなかった。

 公取委の調査を受け、オーム電機は今年10月から両製品の販売を中止し回収を開始。これまで計約120万個が売れたという。




ていうかあんなもの本気にして使ってた人がいるのか