気体分子のふるい分けに成功…超微小の「格子」使って
(Yomiuri Online)


 格子状になった金属化合物を重ね合わせることで100分の1ナノ・メートル(ナノは10億分の1)単位で格子の穴の部分の大きさを調整し、二酸化炭素と酸素など気体の分子を“ふるい”にかけるようにして分けることに、京都大大学院工学研究科の北川進教授、九州大先導物質化学研究所の松田亮太郎助手らが成功した。大気中の環境汚染物質や温室効果ガスの除去などへの活用が期待できるという。

 29日付の英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版に掲載された。



僕が中学のときには理科の授業で「分子レベルのものを物理的手段で選別することはできない」と聞きました。科学は進歩してるんですねぇ。



一酸化炭素中毒とかも回避できるのかな。