不二家事件:報道姿勢は不愉快
(「JANJAN」さま)


新聞・テレビによる、不二家「攻撃」が続いている。連日、NHKまでがトップニュースとしてとり上げている。もっともニュース報道に関する限り、最近のNHKは民放と同じ軽薄路線を歩んでいるようだ。

 民放ワイドショーでは、おっさん達が厳しい顔を並べ、メモをちらちらと見ながら「とても許せません」などと口々に非難している。発言がどの程度、局の意向なのか、あるいは本人の意向なのかは知らない。マスメディアによる不二家への集団リンチという観がある。

 私は「罪なきものは石もてこの女を打て」を思い出した。私は信者ではないが、聖書にある有名な一節である。この言葉の後、女を打てるものはいなかった、という記述が続く。しかし、ワイドショーのおっさん達は正々堂々と石を投げる。きっと罪のないご立派な人たちばかりなのだろう

 街頭で収録された市民の声も、心配だというものばかり流している。ひとりくらい「私は平気だ」という人の声を入れるべきなのに、「心配だ」、「許せない」ばかりにするのは不二家断罪という方針が既に決まっているからなのだろう。数多くのコメンテーター達の発言にも、ひとつとして不二家に同情的なものはない。見事な編集である。

 不二家はそれほど許せないことをしたのだろうか。ひとりだって中毒者を出したわけではない。家庭では期限を過ぎた食品をすぐ捨てる人ばかりではないはずだ。私は保管条件が良ければ1日以上の期限切れの食品を食べている。

 では不二家の製品はどれくらい危険なのだろうか。殺人事件には犯罪や心理の専門家などが次々とテレビに登場して解説する。自然災害には気象学者が登場する。だが不思議なことにこの事件では食品の専門家が出てこない。なぜだろうか。それはもし食品の専門家に登場願って、期限が1日過ぎた原料を使った製品の安全性はどうかと問えば、彼は心配ないでしょうと答えて、番組が白けてしまうからだと思われる。

 原料の賞味期限が1日過ぎていたものを承知で使っていた例がいくつか発覚したというのが指弾を受けた主な理由だ。シューロールの細菌検査で、食品衛生法基準の約10倍を検出したが手違いにより、113本が出荷されたこともあるらしいが、これは事故であろう。

 食品の賞味期限は十分な余裕をもって設定されている。さもないと出荷後の保管条件の違いにより、期限内でも変質するものがあるからだ。裏を返すと、保管条件が良ければ期限を超えても安全だといえる。食品会社はこのあたりの事情に詳しいので、1日ならば大丈夫と、許容したのだろう(1日以上の期限切れはないそうなので管理はちゃんとできていたようだ)。

 12年前の9人食中毒事故を発表しなかったと責められているが(その執拗さに感心する)、逆に、大量の食品生産をしながら12年間も事故がなかったことを認めてもよいくらいだ。

 報道の姿勢が不愉快なのは、不二家が一旦否定した疑惑の事実を後日認める場合である。当初、事実を隠蔽したとばかり、まるで極悪人扱いである。不二家に非があるのは認めるが、過大な報道は、消費者の不安を煽る。販売店は消費者の不安を気にして同社製品の販売停止をする。不二家本体はもちろん、フランチャイズ店も苦境に立たされる。

 不二家従業員は失業するかも知れないし、フランチャイズ店は廃業を強いられるかもしれない。マスメディアはそれを承知の上で報道しているのだろうか。彼らの大部分には何の罪もない。

 繰り返すが、今回は食中毒を起こしたわけではないのに、経営危機を招くほど叩かれなければならないのか。食中毒は生命には直接結びつかない。下痢と嘔吐であり、後遺症もまずない。食中毒がそれほど深刻な、生命にかかわるものなら、家庭の食物管理はとても大変なものになる。

 この種の事件での、いま行われているような過大な報道の意味を見つけることは難しい。不二家製品を買っては危険だと知らせる理由があるとは思えない。かつて雪印乳業は過大な報道により巨額の損失と5工場の閉鎖、1300人の雇用削減に追い込まれた。同社の管理体制を見直し、製品を安全なものとするためにそれほどまでの犠牲を払う必要があったのだろうか。もっとも大きな犠牲を払ったのは職を失った人々である。そのほとんどは中毒事件の原因者ではない。理不尽な結果である。

 雪印乳業の社長の当初の態度が気に入らなかったため、マスメディアは敵意を含んだ報道をやったとも言われている。自らの影響力を誇示したかったという動機もあるだろう。そうしておけば、マスメディアの立場はより強いものになるからだ。泣く子と記者には勝てぬと。

 マスメディアは報道の結果を予測し、その結果に責任を持つべきだ。「事実」を報道しただけだ、ではすまされない。「事実」を大きく見せるのも小さく見せるのも、事実の中の一部を選択するのも、恣意的な行為であるからだ。

 不二家事件も三面の3段程度の記事であればスーパーが販売停止することもなかっただろう。その程度が適正な報道だろう。過剰で不必要な攻撃は失業者を生むだけだ。



仮にディベートで「不二家を擁護しろ」という側に立ったとしたら、たぶんこう主張するんだろうと思う。


不二家が糾弾されているのは、期限切れの原料を使った商品を、そうと知っていて出荷したからなのではない。そういうことが構造的にまかり通るような企業体質であることが判明したからだ。

たとえば、電車が1メートルやそこらオーバーランしたり、運行が時刻表よりも1分くらい遅れたからといって、それを大仰に取り上げて鉄道会社を糾弾する者はいないだろう。しかし、もし鉄道会社が、そういうミスを原因として運転者を徹底的にいじめ抜き業務員に心理的圧迫をかけるような企業体質だと、そういう些細なミスが、目を覆うような惨事になる。

企業が糾弾されるのは、大惨事を起こした場合だけではない。
大惨事を招きかねない体質が恒常化した場合も同じく危険なのだ。

銃砲刀剣類所持等取締法(いわゆる「銃刀法」)は、別に刃物を使用してなくても処罰される。ハイジャックは「既遂」「未遂」のほかに「予備」といって、それを計画した段階ですでに処罰の対象になる。法律は実際に行った行為だけではなく、潜在的な犯罪の可能性までも範疇に含めている。

今回の不二家の件は、「特定の工場の特定の作業員が行った単発の事象」ではない。ひとりの人間をクビにしたり、特定の工場を訓戒すれば話が済むような問題ではない。期限切れの材料についての企業としての姿勢そのものが、おかしくなっている。

「なにも食中毒になったって死にはしない」「まさか日本の食品会社が大量の死者が出るほどの食中毒を出すとは思えない」というのは、認識が甘すぎるだろう。誰かが死んでからでは遅いのだ。もし自分の家族や子供が犠牲者になっても、そんなことを言ってられるだろうか。そして今の不二家の姿勢は、そういう潜在的な危険を秘めた企業になってしまっている。

日本の鉄道は安全と精確さにかけて世界有数の優秀さを誇っていると思われていた。それでも脱線事故で多数の死傷者を出す惨事は起きた。どんな優秀な企業でも、歴史と伝統のある企業でも、その体質が腐ってしまえば「まさかの大惨事」は起きる。

食品会社のモラルは放っておけばどんどん低下する。そのほうが利益率が上がり儲けが大きくなるからだ。「どこまで期限切れを許容していいか」という程度問題ではなく、ゼロかイチかの問題だ。期限切れは一切許してはいけない。

また、企業の姿勢を糾弾する際、その従業員の行く末は関係ない。もしその論拠が通用するのなら、どんなに悪逆非道な行いをしている企業だって「現場の従業員は知りませんでした」で許されてしまうことになる。気の毒だとは思うが、それとこれとは話は別だ。たとえば同じ理屈をライブドアに適用して、従業員の境遇を根拠にライブドアの行いを正当化できるだろうか。

マスコミがこの事件を大々的に取り上げるのは、この事件がとりたてて世間で重要であるだけではない。視聴者の食いつきがいいことが期待できるからだ。街に身近でお馴染みの不二屋が、まさかの不祥事。これだけで充分に視聴率は稼げる。しかし、こうしたマスコミの体質は別に不二屋の報道に限った事ではない。このマスコミの姿勢を「不二屋の報道」と限定して話をすることは、より大きな問題から目を背けてしまう危険性がある。


僕は日本のテレビや新聞の報道を直接見聞きしているわけではないから具体的には分からないが、もしマスコミが不二屋の問題を過剰報道しているのだとしたら、それはマスコミ本来の体質によるものなのだろう。決して不二屋を擁護できる類いの根拠にはできないと思う。



どこかの食品会社が1000人規模の死者を出すまで分からんか