朝日新聞・秋山耿太郎社長(61)の長男が大麻所持で逮捕
朝日「ウチには関係ない」
 ↑
各方面からボコボコ  の図


薬物事件で秋山耿太郎社長(61)の長男が起訴された朝日新聞社広報部は28日、共同通信の取材に対し、秋山社長が事件を知った時期などについて「家族のプライベートな問題にかかわる」などとして回答しなかった。一方で「この件は社長の進退と関係ありません」との見解を示した。  広報部の回答は文書で、事件を知った時期のほか、秋山社長が会社に相談したかどうかなどについても答えなかった。  事件が進退に影響しない理由について「長男とはいえ、35歳の独立した人格の社会人が起こした事件であることを理解してほしい」と述べている。




これに関して各方面からは冷ややかな反応。
産経は当然のようにチクリ。


2006年3月31日 産経抄

▼子供が成長しても親の心配のタネはつきない。大麻を所持して逮捕された三十五歳の男が社長の息子だったというので、朝日新聞社内は大騒ぎになったという。テレビCMなどで「ジャーナリスト宣言。」をしている割には、“事件”を隠したかったようにも見えるが、夜討ち朝駆け、休日もろくにない記者稼業の家庭事情は同じだけに身につまされる。




ZAKZAKに至っては渾身のダブルスタンダード指摘。


薬物汚染、朝日皮肉な社説…昨年9月30日に言及

秋山耿太郎(こうたろう)社長(61)の長男(35)が、大麻取締法違反で現行犯逮捕されたことが発覚した朝日新聞。長男は薬物の常習犯とみられるが、反社長派によるクーデターとの憶測も出ている。そんななか、不祥事に端を発した今回の一連の騒動を叱りつけるような、朝日の社説を発見した。筆致は見事なのだが、「天に向かってつばする」とは、こんなことなのかも。

 朝日新聞は「長男は一個人」との姿勢を貫き、逮捕から起訴までをベタ記事での報道にとどまっている。謝罪コメントを発表したものの、秋山社長の責任問題にはいまだ言及していない。

 社説は昨年9月30日に掲載された「薬物汚染こそ脅威だ」。自衛隊の薬物汚染について取り上げたものだ。
 社説はこう諭す。

 〈自衛隊は事態の深刻さをきちんと見つめて、薬物汚染を根絶やしするよう全力で取り組むべきだ〉

 〈気がかりなのは、自浄能力である

 NHKの政治圧力問題や、長野総局記者による知事の架空会談問題などで、朝日は社内にコンプライアンス室を設け、社員教育など抜本的な改革を進めてきた。

 そんな中での不祥事発覚。長男は一個人で私人とはいえ、秋山社長は日本を代表する言論機関のトップ。一般よりもはるかに高い倫理性が求められている。
 社説は自衛隊の強制力のない「特別調査」にも触れている。

 〈海上自衛隊の調査は甘かったと言わざるをえない〉

 〈集団の規律を重んじる組織ほど、不祥事を隠そうとしがちだ

 長男の愚行を「一個人の犯罪」ととらえる朝日が、今回の不祥事で社内調査を行ったかは不明だ。ただ、長男は別の薬物事件で有罪となり、執行猶予中だった今月10日に逮捕されており、18日間にわたって、朝日内部で問題が隠されていた可能性はある。

 元読売新聞記者でジャーナリストの大谷昭宏氏は、今回の問題点をこう指摘する。
 「初めの逮捕の時は家族のことなので公にするかどうかは議論の分かれるところ。だが、問題は、今回のことも含めて社内が知っていたかどうか。警視庁担当者が当局に圧力をかけて公表させないというケースもあるからだ。仮にある程度、社内で情報が共有され、隠蔽しようとしたならば、報道機関としてあるべきではない」

 大谷氏は続けて、「われわれジャーナリストは、公人に近い子息のことを書く。(秋山社長が)指弾されるのはやむをえない」と語る。

 元NHK記者のジャーナリスト、渡部亮次郎氏は「事件を報道しなかったといっても、そういう体質がある会社だからしようがない。自分のことは書きたくないんでしょ」とあきれる。

 だが、秋山社長の責任については、「やめる必要はない。これで社長が辞めたら何人いても足りないよ」と否定的。大谷氏も「紙面とは関係ないから辞める必要はない。だが、社長の座に長くとどまるのは難しいのでは」と指摘する。

 だが、メディアとは逆の立場にある政治家からはこんな声も。「新聞社には高い倫理観が求められる。(秋山社長が)辞めなければ、これから政治家や企業幹部に対して、辞めろとはいえなくなる」。

 社説にはこうもある。

 〈薬物汚染を根絶やしにするには、一線の幹部に組織のウミを出し切る覚悟が求められる

 反秋山派のクーデターや社内リークなど諸説が飛び交う今回の不祥事。朝日も秋山社長も厳しい立場に立たされている。




過去記事の内容がことごとく自らに跳ね返っていると思うわけです。



他人に強制するモラルと自分達のモラルが違うからなぁ