僕はいつもデジカメを持ち歩いてます。


もともとは記録やメモのためなんですが、友達とワイワイ集まってるときにすぐにパシャッと撮れるので便利です。アメリカではカメラ付き携帯なんて持ってないし。

僕の使ってるデジカメはCasioのExlim。コレに至るまでいろいろとデジカメを使いましたが、デジカメにとって一番重要な要素とは

「カメラが必要なときに、それを持っているということ」

であると悟ってから、持ち運びに一番便利な軽量性を重視するようになりました。重いデジカメなんていつも持ち歩けないもんね。そんなこんなで研究室の仲間内では、なんとなく「イベントのときはたくろふが写真係」ということになっちゃいました。だからいつも僕が写ってる写真がないんだよなぁ。とほほ。


ところで僕の彼女もデジカメを持ってます。
彼女の機種はSonyのCyber-shot。僕のデジカメよりも幾分がっちりしてて重いですが、その分ズームも精密だし動画もキレイに撮れます。こんないいデジカメ持ってるからさぞいい写真をいっぱい撮ってるんだろうと思ったら



このザマです。


デジカメに謝れ。



徹底したメカ音痴。むしろ機械嫌い。
「かつらとり」とか「面切り」とか言ってないでデジカメの説明書くらい読めって。

そんなわけでデートのときにはいつも僕はデジカメを持ってるのに彼女は持ってません。当然、ふたりで写真を撮るときには僕のカメラを使います。

ところで女の子というのはどーしてああ写真映りを気にするんですかね。彼女も例外ではなく、ふたりで写真を撮ったときにはかならずその場で写真をチェックします。自分で映りが悪いと思ったらその場で即削除だそうです。僕が削除をためらおうもんならカメラを引ったくって自分で消しちゃう勢いです。


えー、そんなことを繰り返しているうちに


パシャッ

「どれどれ、いまの見せて」

ほらこんな感じ。おおよく撮れているではないですか

「えー、なにこれ?だめこれ。ボツ。消して。」

えーなんで。良く映ってるじゃない。

「だめ。納得いかない。ほらよこして。はい削除。」

Play → Menu → Slect → Delete → Confirm → OK



おい。



確か自分のデジカメの使い方も知らないんじゃなかったか?


なにゆえに一度も説明書を見たこともないオレのデジカメの使い方を覚えておるのかと。



そんな彼女が今度はデジタルビデオカメラを買ったそうです。
なんと無謀なことを。


・・・だいじょうぶなの?ちゃんと使い方分る?説明書読みなよ。

「いやだー。だって読んでも分らないんだもん。」

でも、そもそも読まなきゃ使い方が分るはずもないし。あきらめて読みなって。

「あなたがかわりに説明書読んで、使い方を教えてよ。」



よし。



こんどデートのときに顔を真っ正面、至近距離からずーっと撮ってやる。

映りが気に入らなかったら自力で消せ。

人間、必死になればなんだってできる。



まず梱包を解けっつーの。箱から出せ。充電をしろ。