えー、明日から一週間ほどヨーロッパに行ってまいります。飛行機
チューリップチューリップオランダチューリップチューリップに旅行でございます。
たのしみたのしみ。



日々はたらくサラリーマンのみなさん、どうもすみませんねぇ



というわけでアムステルダムあたりの観光スポットだの、おみやげ購入のおみせなどをチェックしているところです。オランダは芸術の国だから、博物館や美術館も見逃せないですね。んー、たまにはこういう旅行もイイ!のではないでしょうか。


あ、ついでにちょいと学会で発表もしてきます。



ネットでオランダの遊び方を調べると、いろいろ載ってますね。旅行のときには事前学習の質で現地の楽しみ方が変わりますな。
ふーむなるほど。



ほほうオランダではこんなものが合法なのか。タバコ




買いませんよ。




ほほうオランダではこういうサービスがあるのか。バニーバニー




行きませんよ。



ええと、「コーヒーショップ」に「飾り窓」、と。メモメモ。



ヨーロッパ行きにそなえて、いろいろな手続きをしておきました。

(1))アメリカから国外に出るときには、I-20 (在学証明書)にインターナショナルオフィス(留学生課)のサインをもらって持っていかなければならないんです。コレを持ってないと、出国できるけど帰ってきたときに入国できません。基本的に最近のアメリカは「警戒が面倒だから外国人はみんな出て行けシッシ」という感じなので、少しでも隙があると国に強制送還。

(2)空港までクルマで行って、駐車場の長期駐車ロットに停めておきます。大学の研究活動に伴う渡航のときには、駐車場代がタダになります。その証明書を、大学の旅行課にいってもらってきました。長期駐車するから、盗難防止にハンドルを固定しておくロックを用意しておきました。

(3)学会で発表するときのハンドアウトを印刷。100部で足りるかなぁ。いつも学会のときに、ハンドアウトが両面印刷になっているのが見にくくて「片面印刷で刷って来いよボケ」と思ってたんですが、自分で用意してみて納得。片面だと紙がものすげえ重くなるんです。だいたいハンドアウトは8-10ページ。それを 2 in oneで印刷するとしても、片面印刷だと一部5枚。それが100部だと500枚くらいの紙を持っていかなきゃいけなくなるんです。重い。イヤだ。両面印刷だと量が半分で済みます。なるほどね。


えーオランダからも更新する予定ですので、「たくろふのつぶやき」をどうぞよろしく。まる


あそうだカメラカメラ。