アメリカに来てから、妙に自由な気分を感じることがあった。
別に日本が窮屈な国で、アメリカが自由な国とは思えないんだけど。
この正体不明な開放感はなんだろう…。

最近、その原因が判明した。
携帯を持ってないからだ。

思えば日本で携帯を持っていたときは、携帯を持ってるが故にかかる制約がいかに多かったことか。
充電しなきゃいけない、メールを頻繁にチェック、出先でも電話がかかってくる、毎月の請求書…。

よく、「せっかくXXXしたんだからXXXしなきゃ」という言い方を聞く。
「せっかく新しいお皿買ったんだから、たまには使う料理でも作んないと」
「せっかくあの本買ったんだから、すこしは読まなくちゃ」など。

それって一種の呪いでは。

もしPCなんて持ってなければ、1日24時間、ものすごく自由になれるような気がする。
blogにこんなネタ書くこともなくなるし。

自由になりたい、と潜在的に思ってる方は多いはず。
自由ってのは、手に入れるものではなく、手にしてるものを全て捨てることで勝手に得られるものなのかもね。